日本の木の家づくり(株)中島工務店

岐阜/名古屋/神戸/大阪/東京

現場リポート

【田沢の家】 第1話・解体・石積

日本一大きな木製水車で有名な「道の駅おばあちゃん市」や、寒天作りが盛んな山岡町。
その山岡町で、長年暮らした家の解体・新築を決めたお施主様ご夫妻。
お施主様ご夫妻は当社で施工させていただいた知人の家を見て、中島工務店に家づくりを託そうと決意されました。

竣工予定 2019年11月
延床面積156.10㎡(47.22坪)
設計・監理:中島工務店設計室 加藤 隆

投稿日/ 2020年01月24日
1

大きな木製水車で有名な道の駅おばあちゃん市や、寒天作りが有名な恵那市山岡町。
その土地で新しく家づくりを決意されたお施主様ご夫妻。
まずは既存の建物の解体から始まります。

2019年7月 解体工事

既存の建物を解体する前に、お祓いをしました。
沢山の思い出が詰まった家が、これからの生活を共にする新しい家に生まれ変わるのが楽しみです。

2019年8月

解体工事の始まりです。
これからどんな素敵な家づくりが始まるのか、期待で胸がいっぱいです。

 

2019年9月 石積工事

お施主様ご夫妻は、高い敷地での家づくりをご希望されているので、石積(土留め)をして土地を高くします。

 

 

2019年10月 地鎮祭

待ちに待った地鎮祭の日。
この日は雨でしたが、昔から「雨が降ると地盤が固まる」と言われるので、恵みの雨の中地鎮祭を行いました。
地鎮祭とは、工事の無事を祈ってその土地の神様を鎮め、土地の利用の許しを頂くための儀式です。

 

地鎮祭も無事に終わり、工事の無事をお祈りしたら、基礎工事へと続きます。

次回は、基礎工事にとりかかります。
工事ももちろん、現場リポートも頑張って更新していきますので、今後ともよろしくお願いいたします。

現場監督補佐 吉村妃ノ葵

パンフレット・各種資料を無料でお届けします。