日本の木の家づくり(株)中島工務店

岐阜/名古屋/神戸/大阪/東京

現場リポート

内部造作①

中津川の眺めの良い高台に建つ葺き下ろす大屋根に特徴のある家。
畳コーナー付きの広いリビングダイニング
階段下に設けた書斎コーナーなど造作家具を取り入れた無駄のない間取り。
お施主様とつくる中島工務店の家作りが始まります。

竣工予定 2021年5月
延床面積 116.76㎡(35.32坪)
設計・監理 中島工務店設計室 加藤隆

投稿日/ 2021年04月01日
09

内部造作①

内部・外部の造作が着々と進んでおります。

サッシ・外壁下地取付け、天井・壁の断熱材を施工しています。

 

内部では外壁部分、天井に断熱材を施工しています。

断熱性能が低下してしまうので、隙間がないように丁寧に施工します。

断熱材の上には気密シートを張り、下地を取付けます。

シートの端部や繋ぎ目はテープや下地で確実に留め付けます。

天井も壁同様に気密シートを張っていきます。

 

外部では外壁防水シートを張り、サッシを取付けます。

防水上弱点になりやすい継目を極力つくらないように3m品の防水シートを採用しています。

防水シート張り、サッシ取付け、サッシ廻り等の防水処理は全て大工さんが行っています。

外壁防水の社内検査を実施してから外壁下地を取付けていきます。

配線や換気扇スリーブの貫通部も確実に防水処理をします。

外壁下地の作業が完了すると、ほどなくして外壁仕上げの工事に入っていきます。

工期の大半が造作工事でまだまだ序盤ですが、引続き丁寧に施工していきたいと思います。

次回は外壁仕上げをレポートします。

 

現場担当:佐々木悠志

 

 

パンフレット・各種資料を無料でお届けします。