日本の木の家づくり(株)中島工務店

岐阜/名古屋/神戸/大阪/東京

現場リポート

リニューアルへ工事着工!

竣工予定:2020年7月末
延床面積:LK  42.83坪 
     LK+ 18.57坪
建物概要:LK  木造2階建て 
     LK+ 木造2階建て
設計監理:中島工務店設計室 

投稿日/ 2020年06月20日
01

2010年3月竣工 LITTLE KASHIMO「通称LK」可児モデルハウス
2013年3月竣工 LK+ことギャラリー棟

体験宿泊型のモデルハウスを目的とし冬の寒さでも快適に過ごせるようリニューアルします
外部サッシの仕様をに変え、外部木部の再塗装
ギャラリー棟は老朽化した外壁板をガルバリウム鋼板の鎧壁に改装

2020年8月23日(土) リニューアルオープンします!

リニューアル工事スタート!

可児モデルハウスも竣工後10年程経ちました。

天井高7メートルの吹き抜けに無垢の梁がダイナミックに架かった、
圧倒的な大空間が特徴の可児モデルハウス。

そんな可児モデルハウスもコンセプトを変え
体験宿泊型モデルハウスへリニューアル!

リニューアルオープンへ向け工事着工です!

広く吹き抜けたリビングの吹抜けを縮小し、2階の書斎スペースを拡大します。

 

まずは、解体工事です。
2階の書斎を解体します。

 

外部のウッドデッキも取替えを行います。
雨掛かりのウッドデッキは老朽化が早いかもしれません。

ルーバー窓も気密性能が怠るため撤去し、仕様変更します。

 

ギャラリー棟の板張り鎧壁も解体します。

 

外部廻りの解体を進めている間、1.2階の無垢の床板を
サンダー掛けをし、表面を削り、再度、クリア塗装を行います。
サンダー掛けは、粗いペーパーで1度削り、細かなペーパーで2回目の仕上げの削りを行います。
塗装よりも削り作業に時間が掛かります。

 

写真右側が削った様子です。細かな傷は消えちゃいました。

内部の床材に使用する塗料は、リボス社の自然健康塗料リボスカルデットクリアにて塗装をします。
木の吸放湿性能を損なわず、木目を引き立てます。

 

1.2階の床塗りが完了です。

次回は、内部造作と外部木部の塗装をリポートします。
次回のリポートは床が乾くまでお待ちください!!

 

現場監督 奥村晃弘

 

パンフレット・各種資料を無料でお届けします。