日本の木の家づくり(株)中島工務店

岐阜/名古屋/神戸/大阪/東京

現場リポート

【青井マンションリノベーション】断熱工事・UB設置工事

投稿日/ 2014年05月29日
04

下地工事が終わり続いては、断熱工事・UB(ユニットバス)工事をリポートします。
この現場では、ウレタンフォームという吹き付けタイプの断熱材を使用しました。
断熱材を入れることにより、外気温の影響を和らげることが出来ます。
例えば、冬は室内の暖かい熱を逃がさず、外の寒い外気の侵入を防いでくれます。
逆に夏は冷房の電源を切った後でも涼しさが長く続き、外からの暑い熱を遮断してくれます。

IMG_1870_R
大工さんが施工した壁下地の間のコンクリート壁面に断熱材を吹き付けました。
写真の木下地と木下地の間に入っている物が断熱材です。

IMGP2924
吹付の際に、木下地の見付(正面から見える部分)に養生のテープを貼り、木下地に断熱材がつくのを防ぎます。
吹付後、貼ってあった養生テープを剥がしました。

IMG_1874_R
断熱材吹付後の現場の前景です。断熱材は隙間なくコンクリートの壁面に入っています。

IMG_1876_R
UB(ユニットバス)の設置を行いました。UBの位置及び高さを確認し、架台のプレートを設置していきます。

IMG_1877_R
現場で寸法を確認し、浴室の壁部分になるパネルをカットします。
このパネルは化粧なので、仕上がってからそのまま見える部分になります。

IMGP2933_R
UBの設置が完了しました。UBは他の工事の取り合いでいち早く取り付けられる設備です。
完成された物がいち早く取り付けられるので、内部の完成後のイメージが湧きやすいですね。

これで置床工事の準備が整いました。次回に続きます。

 東京支店 今井拓磨

パンフレット・各種資料を無料でお届けします。