日本の木の家づくり(株)中島工務店

岐阜/名古屋/神戸/大阪/東京

現場リポート

【西畑の家】断熱工事

中島工務店社員 の自邸の新築工事が始まりました。
中島工務店の家作り、最後までお楽しみください。

竣工予定:2022年5月
延床面積:154.86㎡(46.85坪)
建物概要:長期優良住宅・木造平屋建て
設計監理:中島工務店設計室 加藤隆

投稿日/ 2021年12月17日
07

断熱工事

断熱工事

今回は断熱工事になります。

良い家作りをする上で断熱工事は欠かせません。

断熱材を入れないと次のようなことが起こります。

・夏は暑く、冬は寒い

・暖房、冷房をつけると壁の中で結露が起きてカビが発生

断熱材が入ってなくても違法建築にはなりませんが快適な生活を送るためには必須になってきます。

今回使う断熱材にはグラスウールという種類のものを使います。

グラスウールは原材料にガラス繊維を使用しており耐熱温度が200度あるため、燃えにくく

また、ガラスを主成分としているため万が一の火災の際も延焼などを防いでくれます。

断熱材を入れるときは、玄関や窓などの開口以外の壁面(柱と柱の間)に充填していきます。

家全部に貼り終えたら、気密シートを貼って気密性を上げます。

断熱性と気密性を上げることによって夏も冬も快適な生活を送ることができるのです。

次回は外壁工事になります。

お楽しみに!!

現場監督見習い:佐藤祥太朗

 

 

 

パンフレット・各種資料を無料でお届けします。