日本の木の家づくり(株)中島工務店

岐阜/名古屋/神戸/大阪/東京

現場リポート

【西畑の家】床板張り

中島工務店社員 の自邸の新築工事が始まりました。
中島工務店の家作り、最後までお楽しみください。

竣工予定:2022年5月
延床面積:154.86㎡(46.85坪)
建物概要:長期優良住宅・木造平屋建て
設計監理:中島工務店設計室 加藤隆

投稿日/ 2022年02月16日
10

床板張り

今回は床板張りになります。

床は建物の中でもよく目につく場所なので

丁寧に床板を張っていかなくてはなりません。

板と板との間に隙間が空かないように一枚ずつ

張っていきます。

床板はボンドと又釘を使って

張っていくのでめくれる心配もありません。

床板に少しでも傷がつくと目立ってしまうので

養生もしながら進めていきます。

写真のような柱が立っているところは少し手間を加える

必要があります。このようなところに床板を張るときは

柱の形に合わせて床板を切ってはめるのではなく、

下の写真のように柱の下を床板の厚みに合わせて溝を掘ります。

このようにして床板を張っていくことにより、床から柱が生えているような

きれいな仕上がりにすることが出来ます。

 

次回もお楽しみに!!

佐藤祥太朗

 

パンフレット・各種資料を無料でお届けします。