日本の木の家づくり(株)中島工務店

岐阜/名古屋/神戸/大阪/東京

現場リポート

【西畑の家】基礎工事①

中島工務店社員 の自邸の新築工事が始まりました。
中島工務店の家作り、最後までお楽しみください。

竣工予定:2022年5月
延床面積:154.86㎡(46.85坪)
建物概要:長期優良住宅・木造平屋建て
設計監理:中島工務店設計室 加藤隆

投稿日/ 2021年10月29日
02

基礎工事①

基礎工事は以下の手順で進めていきます。

丁張掛け

建物の配置・通り・高さを出します。この丁張を基準に工事を進めていきます。

 

根切り・砕石敷き

根切りとは基礎を地面に埋め込むために、パワーショベルなどの重機で土を掘り返す作業のことです。

根切りが終わり、次は砕石敷きの作業に入ります。砕石を敷く前に根切りをした地盤面を転圧機で固め、その上に砕石を敷き詰めます。

 

防湿シート敷き

防湿シートは床下への湿気を防ぐために敷きます。

 

捨てコンクリート打設

捨てコンクリートは基礎の型枠などを正確に配置するための基準線を引くために打ちます。

捨てコンクリート打設後、型枠を正確に配置するために墨出しを行います。

基礎工事②に続きます。

現場監督見習い:佐藤祥太朗

 

パンフレット・各種資料を無料でお届けします。