日本の木の家づくり(株)中島工務店

岐阜/名古屋/神戸/大阪/東京

現場リポート

【苦楽園 太陽の館】基礎工事

閑静な高級住宅街である苦楽園で、上質な材料と匠の技で作る南欧風の家づくりがはじまります。
プライベートや、それぞれの趣味を満喫できるよう配慮された間取りと、こだわりのLDK。
穏やかな日差しが降り注ぐ南欧のイメージと、家族のはじける笑顔がたえない『太陽の館』です。

竣工予定日:平成24年8月末
延床面積:103.51㎡
間取り:3LDK+納戸
設計者:中島工務店設計室

投稿日/ 2012年04月23日
02

久しぶりの更新です。
この1ヶ月で、基礎工事から建て方へと、現場は順調に進んでいます。
今回は、さかのぼって基礎工事のリポートなどをお届けします。


工事にかかるにあたり、まずは仮設の水道メーターを設置します。


位置出しを行い、堀方開始。(有)パイル基工の紙田一家が施工します。


堀方の後、砕石を敷き詰めます。地鎮祭の時に、宮司さんが清めてくださった「鎮め物」も家の真ん中に埋めました。この中には、古墳の中から発掘されるような装飾品類のミニチュアが入っているそうです。


いつものように、JIOの検査員さんによって配筋がチェックされます。


同じくいつものように1発OKの後、紙田兄弟が型枠を組みます。


コンクリートを打設し型枠がはずれたら、玄関部分の増し打ちを残すのみ。基礎の周りに足場が立つ前に、水道の外部配管を終わらせます。


こちらは、越木岩神社の鳥居に続く、敷地の全面道路の桜並木。満開!

家を支える頑丈な基礎ができたところで、次は、いよいよ建て方です。

パンフレット・各種資料を無料でお届けします。