日本の木の家づくり(株)中島工務店

岐阜/名古屋/神戸/大阪/東京

現場リポート

【神戸市 祇園の家】銅板一文字葺き

古くから祇園神社として1130年余りの歴史を持つこの地。
祇園さんと親しまれ、この地の多くの方がそれと関係を持っていた。
木造平屋建て中二階、中庭を挟んで共有の棟とプライベートな寝室棟に分かれている。
辺りには古い建物が建ち並び、その中に調和しながら主張もする。
そんな「祇園の家」の誕生です!

竣工予定日:平成24年8月末
延床面積:1F 54.04坪 2F 13.47坪
設計者:中島工務店設計室 

投稿日/ 2012年07月25日
12

屋根の銅板葺き工事が始まりました。

resize0084
屋根の銅板葺き工事が始まりました。

resize0081
銅板の一文字葺きと言う葺き方です。
軒先に唐草水切りと取り付けます。

resize0083
これは吊り子という材料です。銅板の折り目に吊り子を引っ掛けて留めていきます。銅板と銅板の接合部に引っ掛けるので表からは見えません。

resize0085

resize0082
一文字葺きは水平の折り目の縦にも重なりの線が出ます。

resize0086
葺いたばかりの銅板は輝いています。
だんだん色が変わってくるのが銅板の特徴です。

パンフレット・各種資料を無料でお届けします。