日本の木の家づくり(株)中島工務店

岐阜/名古屋/神戸/大阪/東京

現場リポート

【神戸市 祇園の家】鉋(カンナ)がけ

古くから祇園神社として1130年余りの歴史を持つこの地。
祇園さんと親しまれ、この地の多くの方がそれと関係を持っていた。
木造平屋建て中二階、中庭を挟んで共有の棟とプライベートな寝室棟に分かれている。
辺りには古い建物が建ち並び、その中に調和しながら主張もする。
そんな「祇園の家」の誕生です!

竣工予定日:平成24年8月末
延床面積:1F 54.04坪 2F 13.47坪
設計者:中島工務店設計室 

投稿日/ 2012年05月29日
07

大工さんの道具に鉋(カンナ)という道具があります。木の表面を削って仕上げる道具です。


今日は和室の書院周りの材料と天井板を鉋がけをしています。


機械の仕上げから、さらに人の手を加えると、木は違う表情を見せてくれると、大工さんは言いました。


カンナがけという人の手が加わらないと見れない木の表情です。

パンフレット・各種資料を無料でお届けします。