日本の木の家づくり(株)中島工務店

岐阜/名古屋/神戸/大阪/東京

現場リポート

【砧マンションリノベーション】板壁・天井仕上げ

投稿日/ 2018年12月17日
04

砧マンションリノベーション第4回目の現場レポートは板壁・天井仕上げです。

板壁

脱衣室・トイレの壁・天井は桧板で仕上げています。

桧板施工
長さを確認し、調整しながら一枚一枚貼っていきます。

P9184066_R
右奥に見えるのが浴室で、手前がトイレになっています。
桧板の方が杉板よりも水に対して強いため、水回りでは桧板を使用します。
使用されている板は「上小節」と呼ばれる節がほとんど入っていない等級です。

厚板フローリング
板の等級には他にも厚板フローリングなどで使用する「特一」と呼ばれる節がある等級や
「無節」と言われる全く節の無いものもあります。

天井仕上げ

リビングや寝室の勾配天井は杉の板で仕上げています。

P9184073_R
天井から出ているのは照明の配線です。
寝室の照明は既存の照明を再活用します。

IMGP1250_R
桧の垂木天井が印象的なリビング。
真ん中の四角く空いた部分には障子窓をイメージした造作照明が入ります。

杉幅はぎパネル

板を繋ぎ合わせて幅の広い板にすることを幅ハギといいます。

P9184087_R
現場に搬入される時には、木口に「幅×厚み」が書かれています。
230×25は幅が230㎜で厚みが25㎜を示し、その横に書いている1.2Mは長さが1.2mであるということです。
「ホール棚板」とそのまま使用する箇所が書かれている板もあります。
大工さんは木口を見てからどこに使うか確認し取り付けます。

P9184089_R
木目を見てうまく繋ぎ合わせるので一枚の板のように見えます。

シナ合板

クローゼットの仕上げにはシナ合板が使用されています。

シナ合板の施工
シナ合板も長さを測ってぴったりと合うように現場で切断します。
杉やヒノキと違い木目があまり目立たなく、スッキリとした印象を受けます。

シナ合板
クローゼットの上段棚の出っ張ている部分はパイプスペースになっています。
中にはエアコンの冷媒管が入っています。
出っ張り部分の板の白い点はビスの穴を隠す目隠しで、メンテナンスの際にはビスを外し配管の調整・取り換えが可能になっています。

小此木

パンフレット・各種資料を無料でお届けします。