日本の木の家づくり(株)中島工務店

岐阜/名古屋/神戸/大阪/東京

現場リポート

【砧マンションリノベーション】室温実測

投稿日/ 2019年08月16日
09

砧マンションリノベーション第9回目の現場レポートは室温実測です。
昨年10月末にお引渡しの完了した砧マンションリノベーション。
引き渡し後は住まい手さんのご厚意で室温を実測しています。

実測

「快適な温度環境」を考えて設計された砧マンションリノベーションを実測することで住まい手さんがどのような温度域で生活し、エネルギー消費(光熱費含む)はどうなっているかを知り、今後の設計に反映させていきます。
実測したデータは住まい手さんにもお渡しすることで、感覚だけでなく数値としても「快適な温度環境」を知ってもらい、冬場の湿度の状況やエアコンの設定温度など今後の生活の仕方の参考にして頂きます。

おんどとり

「おんどとり」「おんどとりease」という温度を記録できる機器を使い記録していきます。

IMG_9012_R
手前の青い機器が「おんどとり」、奥の白い円筒形の機器が「おんどとりease」です。
「おんどとり」は機器自体に記録が保存され、「おんどとりease」はデータをパソコンに発信してパソコンの中にデータを保存します。
木の箱の上にはサーモカメラが付いたスマートフォンが乗っています。
おんどとりを設置した場所は脱衣室・寝室・ダイニング(電話台)・玄関です。
おんどとりeaseはトイレ・ダイニング(テーブル下)に設置しました。

IMG_9023_R
ダイニング(電話台)の設置状況

IMG_9028_R
寝室の設置状況

IMG_9029_R
脱衣室の設置状況

IMG_9032_R
玄関の設置状況

IMG_9040_R
トイレの設置状況

IMG_9043_R
ダイニング(テーブル下)の設置状況

季節と室温

室温の記録で重要な時期は外気温と室温の差が大きくなる冬・夏です。
冬の寒い時期にエアコンを消してから次につけるまでに何度くらい室温が下がるか、夏の暑い時期にエアコンを切ってから次につけるまで何度くらい温度が上がるかなど生活の中での室温の変化を確認します。
この時期は外と内の温度差だけでなく、暖房・冷房がされている部屋とされていない部屋の部屋間の温度差も大きくなります。
特に冬場のリビング・ダイニングと脱衣室との温度差は服を脱ぐため体感的にも大きくなり「ヒートショック」の原因になるため注意が必要です。
春・秋は中間期といいエアコンをつけて生活することが少なく、外気温と室温の温度差も小さいため過ごしやすいので室温の記録もそこまで重要になりません。
しかし、この時期の風は心地よいことが多いので風の通り道をシミュレーションして、通風の確保が大切になります。
最近では9月も暑いことが多く、実測は9月も続ける予定です。

小此木

砧マンションリノベーションについてもっと知りたい方は「加子母っ子タイム」もご覧ください。

パンフレット・各種資料を無料でお届けします。