日本の木の家づくり(株)中島工務店

岐阜/名古屋/神戸/大阪/東京

現場リポート

【海を眺めるバーカウンターのある家】中間検査

新婚のご夫妻の家づくりは、まずは、土地探しから始まりました。
最大のご希望は、現在お住まいの加古川から、お二人の職場のある神戸に住むことでした。
当初は、そんなに簡単には、良い土地は、見つからないだろうし、2年ぐらいかけて、ゆっくり探す計画だったそうです。
ところが、土地探しからお手伝いさせて頂くと、思わぬ物件に遭遇したのです。
六甲山系の山麓に位置する仮称「O台」は、閑静な住宅地で、それだけに自治会もしっかりしていて、なかなか、他所から入ってくる人には、敷居の高い場所ですが、それだけに
その住環境は、とてもすばらしい所です。
その住宅地のなかでも、おそらく、一番の宅地に巡り逢えたのです。
南斜面で、大阪湾、瀬戸内の海、淡路島、遠くには、紀伊半島と眺めることができ、最高の眺望です。
設計にはいると、この眺望を最大限に活かす仕掛けをいくつも考えました。
海を眺める一直線のバーカウンターは、6mあり、10人は並べます。
また、斜面地という土地の形状を活かしたスキップフロアーという選択は、海を座って眺める巾2.7mの階段を生み出しました。
玄関のサプライズウィンドウは、海を背にして、山へ上がってくるため、海の眺望を観ることなく玄関ドアを開けた瞬間に、大阪湾が目に飛び込むという効果をもたらしました。
眺望以外での特徴は、水廻り以外の建具が、ほとんど無いということです。
寝室、勉強部屋といった、概念は、なしです。
「1F」というお風呂と洗面所があるフロアーと、「2F」というキッチンがあるフロアーがあるのみです。但し、2Fは、スキップフロアーになっていて、一段上がった9帖のスペースがあります。そこには、4帖半のタタミを引く予定です。
子供さんが勉強を始めた場所が、いわゆる勉強部屋。
1Fのベッドで寝ることも出来ますし、、2Fの一段上がったタタミの上で寝るのも可能です。
ご夫妻が、パソコンを開いた場所(例えば、バーカウンターの上など)が書斎となります。
収納も、スキップフロアーの効果で、階段など使わず、直接入れる広い屋根裏収納が確保でき、その他も、平面的にクランクした場所のみを収納にしたため、整形で、大きな空間を確保することができました。

竣工予定日:2012.7月
延床面積:132.49㎡
間取り:1LDK+タタミの間
設計者:中島工務店 設計室

投稿日/ 2012年05月08日
07

本日は、昼から建築基準法の中間検査の日です。
当設計室の管理建築士のN保さんと六甲山越えのルートで現場へと向かいました。

2012.5.8


本日は、昼から建築基準法の中間検査の日です。
当設計室の管理建築士のN保さんと六甲山越えのルートで現場へと向かいました。


道路側から見ると大屋根の瓦が低い位置で見えます。お隣に比べてググッと軒先を抑えて、現在は、ほとんど瓦しか見えない状況です。これで、しっかり2階建てとは、きっと思えないだろうと考えています。(これも設計意図です。)
南の窓からは、大阪湾が見えるのですが、東に目線を移すと、六甲山のすそ野の緑が見えてきます。
空と海のブルーと、山のグリーンが両方楽しめます。
が、本日は、残念ながら、靄がかかっているためブルーとはいきませんでした。-残念ー

中間検査は、もちろん、指摘事項も一切なしの、完璧100点満点でした。まっ、当たり前ですが、エヘンッ!

大工さんとの打合せも終え、N保さんのこだわりで、帰りは、山越えをやめ、街中の道を支店へと戻りました。(こだわりとは、行きと帰りとでは、同じ道は絶対に通らないのだそうです?)

パンフレット・各種資料を無料でお届けします。