日本の木の家づくり(株)中島工務店

岐阜/名古屋/神戸/大阪/東京

現場リポート

【海を眺めるバーカウンターのある家】バーカウンターが削られる。

新婚のご夫妻の家づくりは、まずは、土地探しから始まりました。
最大のご希望は、現在お住まいの加古川から、お二人の職場のある神戸に住むことでした。
当初は、そんなに簡単には、良い土地は、見つからないだろうし、2年ぐらいかけて、ゆっくり探す計画だったそうです。
ところが、土地探しからお手伝いさせて頂くと、思わぬ物件に遭遇したのです。
六甲山系の山麓に位置する仮称「O台」は、閑静な住宅地で、それだけに自治会もしっかりしていて、なかなか、他所から入ってくる人には、敷居の高い場所ですが、それだけに
その住環境は、とてもすばらしい所です。
その住宅地のなかでも、おそらく、一番の宅地に巡り逢えたのです。
南斜面で、大阪湾、瀬戸内の海、淡路島、遠くには、紀伊半島と眺めることができ、最高の眺望です。
設計にはいると、この眺望を最大限に活かす仕掛けをいくつも考えました。
海を眺める一直線のバーカウンターは、6mあり、10人は並べます。
また、斜面地という土地の形状を活かしたスキップフロアーという選択は、海を座って眺める巾2.7mの階段を生み出しました。
玄関のサプライズウィンドウは、海を背にして、山へ上がってくるため、海の眺望を観ることなく玄関ドアを開けた瞬間に、大阪湾が目に飛び込むという効果をもたらしました。
眺望以外での特徴は、水廻り以外の建具が、ほとんど無いということです。
寝室、勉強部屋といった、概念は、なしです。
「1F」というお風呂と洗面所があるフロアーと、「2F」というキッチンがあるフロアーがあるのみです。但し、2Fは、スキップフロアーになっていて、一段上がった9帖のスペースがあります。そこには、4帖半のタタミを引く予定です。
子供さんが勉強を始めた場所が、いわゆる勉強部屋。
1Fのベッドで寝ることも出来ますし、、2Fの一段上がったタタミの上で寝るのも可能です。
ご夫妻が、パソコンを開いた場所(例えば、バーカウンターの上など)が書斎となります。
収納も、スキップフロアーの効果で、階段など使わず、直接入れる広い屋根裏収納が確保でき、その他も、平面的にクランクした場所のみを収納にしたため、整形で、大きな空間を確保することができました。

竣工予定日:2012.7月
延床面積:132.49㎡
間取り:1LDK+タタミの間
設計者:中島工務店 設計室

投稿日/ 2012年06月29日
09

現場に6mの桧の1枚板が運びこまれました。


現場に6mの桧の1枚板が運びこまれました。


そして、工藤一男大工によって削られます。(工藤さんは、映画「火天の城」では、技術指導を行い、削りのシーンでは実際に代役として削ってもいます。)


素人目には、何が違うかもわかりませんが、同じようなカンナが3挺。微妙な削りに対応するとか・・・
普段は楽しい人柄なのに、ガラッと、鬼気迫るとはこのことだと感じました。


そして仕上がりは・・・


写真では、分かりづらいかとは思いますが、本当に「木」とは思えない光沢です。光の反射で奥行が感じられ、ちょっとおおげさではありますが、「宇宙」を感じました。

急きょお施主様のH水ご夫妻にご連絡をとり、夜には見に来ていただきました。

こういう大工さんに良いタイミングで出会え、仕事をしていただき、加子母で偶然に出会った1枚の桧板は、その価値を何十倍、何百倍にもあげたのではないでしょうか。

これは、お金の話ではなく、すばらしい偶然の出会いのなせる業だと思います。

そして、正信大工さんにも、すばらしい階段を作っていただきました。


この階段に座って眺める神戸の夜景も最高です。

パンフレット・各種資料を無料でお届けします。