日本の木の家づくり(株)中島工務店

岐阜/名古屋/神戸/大阪/東京

現場リポート

【松田の家】基礎工事①

中津川の眺めの良い高台に建つ葺き下ろす大屋根に特徴のある家。
畳コーナー付きの広いリビングダイニング
階段下に設けた書斎コーナーなど造作家具を取り入れた無駄のない間取り。
お施主様とつくる中島工務店の家作りが始まります。

竣工予定 2021年5月
延床面積 116.76㎡(35.32坪)
設計・監理 中島工務店設計室 加藤隆

投稿日/ 2021年01月07日
03

地盤改良工事(柱状改良)が完了し、基礎工事が始まりました。
今回の基礎は一体打設工法を採用しております。

基礎工事

2020年12月初旬、今週から基礎工事が始まりました。

松田の家の基礎はべた基礎一体打ち工法を採用しております。

従来はベースと立上りを別々に打設しますが、今回は一体打設を行います。

一体打設を行うことで、外周部に打ち継ぎが無く綺麗に仕上ります。

強度も増し止水・防蟻対策に効果があります。

丁張りを掛け、建物の配置・通り・高さを出します。

丁張りを基準に基礎を施工していきます。(丁張りはとても重要です)

鋤取り、床堀り、砕石敷き、防湿フィルム張りの順番に進め、最後に

捨てコンクリートを打設します。

捨てコンクリート打設後は外周部の型枠を組みます。

型枠と同時に一体打設金物を取付けます。(内周部型枠を浮かせる為の金物)

鉄筋加工・組立てを行いJIOによる配筋検査を受け、内周部の型枠を組立てます。

型枠組立て、コンクリート打設に従来より手間が掛かりその上慣れが必要で

大変ですが、基礎の強度は耐震強度を大きく分ける部分であり、一体打設の価値は

十分あると思います。

アンカーボルト・ホールダウンの配置・高さを確実に確認して

次回はコンクリート打設を行いたいと思います。

 

現場担当:佐々木悠志

パンフレット・各種資料を無料でお届けします。