日本の木の家づくり(株)中島工務店

岐阜/名古屋/神戸/大阪/東京

現場リポート

【北春日丘の加子母子屋】第5回 上棟式~内部配管工事

大阪支店 彩都やまもり加子母子屋モデルハウスの2棟目の加子母子屋が、大阪府茨木市北春日丘にてスタートしました!!
東濃桧をふんだんに使うのはもちろん、夏は涼しく冬は暖かい加子母子屋。
そしてウッドデッキとつながる開放的なLDKを中心に家族からご近所さんまで、皆が集えるような間取りが特徴的な加子母子屋です。

竣工予定日:平成28年8月中旬
延床面積:34.82坪 (1F:17.54坪、2F:17.28坪)
間取り:2LDK+WIC
設計:中島工務店設計室

投稿日/ 2016年06月13日
05

建て方も無事に終わり、北春日丘の加子母小屋では先日、上棟式を行いました。

今回、棟梁の遠藤盛彦さんと現場監督の熊﨑竜也が上棟式の中で「めでた」と呼ばれるお祝いの歌を共に歌いました。

「めでた」は岐阜県の高山地域で歌われる、おめでたい日に歌う歌のことを指しますが、高山地域に限らず地域によってさまざまな「めでた」があります。

棟梁の遠藤さんと監督の熊﨑は、出身地が一緒ということもあり、同じ地域の出身の二人が「めでた」を合唱することになりました。

実際の歌をお伝えできないのが残念ですが、北春日丘の加子母子屋の上棟をよりハレの日の雰囲気にしてくれる味のある歌でした。

上棟式も滞りなく終了し、工事は内部配管工事に入ります。

電気・給排水屋さんが現場に入場し、内部から外部に突き抜ける配管を設置しながら、突き抜けた部分の防水処理を施していきます。


まずは電気工事の熱交換型換気設備の「ロスナイ」と呼ばれる換気設備を設置していきます。
このロスナイは、吸気と排気を同時に行いますが、その時に部屋の熱(または冷気)を交換してくれる設備です。
つまり、室内の温度に影響が少ない空気の入れ替えができる換気設備なのです。


並行して給排水の配管工事です。写真は排水ヘッダーと呼ばれる代物で、家の排水を一か所に集めて外に出す排水部材です。

給水(給湯)も同じ給水(給湯)ヘッダーを使用します。


配管・防水処理も終えました!

次回は躯体検査・防水検査についてリポート致します。

お楽しみに!!

中島工務店 神戸支店 卞悠

パンフレット・各種資料を無料でお届けします。