日本の木の家づくり(株)中島工務店

岐阜/名古屋/神戸/大阪/東京

現場リポート

【凱風館(内田樹様邸)新築工事】2011.4.17 建て方5日目

「日本辺境論」等等、多数の著書を出されている内田先生のご自宅兼合気道道場を 新進気鋭の若手建築家、光嶋裕介氏が設計された建築がいよいよスタート。
■光嶋裕介建築設計事務所
 URL→http://www.ykas.jp

竣工予定日:平成23年10月末
延床面積:350㎡
間取り:4LDK+合気道道場
設計者:光嶋裕介建築設計事務所 光嶋裕介

投稿日/ 2011年04月18日
22

小屋組本日の作業は、梁、桁、垂木の小屋組です。

2011.4.17

今日は日曜日なのですが、明日の天気予報が雨という事で、明日の月曜日を休みにすることにしました。
折りしも、このあたりでは、だんじり祭りの練習が行われる季節でもあり、笛や太鼓の音色がまるで、このために奏でられているようでもあり、雰囲気満点です。
そして、「本日の~、メイン、イベント~~!大黒柱~1本~勝負!」ついに、美山の杉丸太が加子母の8角大黒柱に架かります。


大工さん、4人掛かりで、相当に苦労しました。 そして、その瞬間が・・・


感動です。


しっかりと、いつまでもいつまでも、 支え続けます。そして、2階部分もその骨格を表してきました。


2階部分は、部屋の用途毎に屋根形状を変えてあり、 南の島のコテージ風でした。どんな風に仕上がるのか、今から、ワクワクします。 (もちろん施工業者として、図面をみて、どうなるかは知ってはいるのですが、これだけ複雑だと・・・)それでは、その複雑な屋根形状など。細巾で成のある垂木はとてもきれいな影を落としていました。


大工さんは、ちょっとした、ホゾの直しなど、現場でアッと言う間にやってしまいます。


それでは、本日の現場の状況、


そして、明日の雨のためにしっかり養生を行いました。


どこかのサティアンでは、ありません。念のため・・・

パンフレット・各種資料を無料でお届けします。