日本の木の家づくり(株)中島工務店

岐阜/名古屋/神戸/大阪/東京

現場リポート

【凱風館(内田樹様邸)新築工事】2011.3.23 基礎コンクリート打設

「日本辺境論」等等、多数の著書を出されている内田先生のご自宅兼合気道道場を 新進気鋭の若手建築家、光嶋裕介氏が設計された建築がいよいよスタート。
■光嶋裕介建築設計事務所
 URL→http://www.ykas.jp

竣工予定日:平成23年10月末
延床面積:350㎡
間取り:4LDK+合気道道場
設計者:光嶋裕介建築設計事務所 光嶋裕介

投稿日/ 2011年03月23日
13

本日は、17日の基礎底版コンクリート打設に続き、基礎の立ち上りコンクリート打ちです。

2011.3.23 基礎コンクリート打設


現場の「つくし」もすっかり姿を消して、「スギナ」ばかりとなりました。本日は、17日の基礎底版コンクリート打設に続き、基礎の立ち上りコンクリート打ちです。こんなロボットも登場します。コンクリートポンプ(ブーム)車と言います。


生コン車からコンクリートを受け入れてポンプで圧送します。


いかつい姿も横から見ると・・・


10時半には、コンクリートの打設も終わり、昼食をはさんで、 1時頃から、基礎の天端(上端)にレべラーを流し込みます。レべラーとは、基礎のレベル(高さ)の精度を上げるために用いる、天端(上端)に流す、水のように流動性の良い
モルタルです。まずは、コンクリートとレべラーの接着が良くなるように、天端に櫛目を付けます。


その上にレべラーを流し込みます。


以上で、本日の作業は終了です。1週間の養生期間を経て、来週水曜日には、型枠をはずす予定です。本日は、当社の安全パトロールの日でもありました。

光嶋先生の右隣が、泣く子もだまる、鬼の安全部長の平井さんです。 現場では、怖~い存在ですが、ひとたび現場を離れるとやさしいお人柄なので、ご安心を・・
それでは、最後に、K監督の今週の悪行を書こうと思ったのですが、昨夜、事務所で、若手のホープK崎監督(K監督ではありません。)より、「最近、K監督とMさんの関係、ギクシャクしてますよね~。」と言われ、いささかショックを受け、反省しました。よって、今回は、数少ない善行をお伝えします。(探すのに苦労しました。)


善行というほどのことでもありませんが・・・

パンフレット・各種資料を無料でお届けします。