日本の木の家づくり(株)中島工務店

岐阜/名古屋/神戸/大阪/東京

現場リポート

【凱風館(内田樹様邸)新築工事】2011.11.12 完成しました。

「日本辺境論」等等、多数の著書を出されている内田先生のご自宅兼合気道道場を 新進気鋭の若手建築家、光嶋裕介氏が設計された建築がいよいよスタート。
■光嶋裕介建築設計事務所
 URL→http://www.ykas.jp

竣工予定日:平成23年10月末
延床面積:350㎡
間取り:4LDK+合気道道場
設計者:光嶋裕介建築設計事務所 光嶋裕介

投稿日/ 2011年11月14日
55

本日、凱風館をお引渡しさせていただきました。

2011.11.12


道場の表札には、内田先生直筆の文字が。


今年1月はこんな状況でした。
そして、10ヶ月・・・


まずは、門構えです。これで、「モダンな武家屋敷 」が完成しました。


外構の瓦も出来上がりました。


続いて、内部のご紹介など。玄関から道場へと続く廊下。美山の土壁にガラスのスリットが緊張感をもたらします。


玄関扉の内観です。


玄関からの階段。


そして、書斎へと続きます。


書斎とリビングの間には、大黒柱が。 赤い竪ラインは、背割りの埋め木です。


リビング。


リビング横のトイレ。


寝室。


寝室から眺める中庭。


ダイニングキッチン。


和室。


お風呂は、桧風呂です。


その横のトイレ。


いろいろな表情を持つ廊下。(光嶋先生は路地と呼んでいました。)


建具の引手のデザインは、照明のスイッチとも相性抜群です。


本日は、引き渡し式として、テープカットも執り行われました。
(左から、光嶋先生、内田先生、山本画伯、弊社中島社長)


そして、内田先生と光嶋先生のツーショット。

そして、お施主様のご厚意によりオープンハウスを開かせていただき、400名もの方々にいらしていただきました。夕方からは、内田先生、そして、奥様による「能」のお披露目があり、その後には、特別鼎談「内田先生(施主)X光嶋先生(建築家)X弊社中島社長(つくり手)、‘木の家をつくる’」も行われました。


背景が、山本画伯の「老松」です。能のお披露目もここで行われました。
100名を超える方々に入っていただき、道場の中は、熱気むんむんでした。内田先生による、建築雑誌の写真の多くが、生活感がないが、実際には、人が住んで「家」であり、それを加えてのデザインが必要ではないかとの 発言がとても心に響きました。そして、弊社の中島社長も感謝状をいただき、感無量です。


そして、懇親会では、車座になって、内田先生を中心に楽しい、時には、厳しいお話をお聞かせいただき、楽しい時間をすごさせていただきました。


この一合升でのお酒は最高です。


そして、最後の締めは、棟梁の「忠さん」こと、岩木棟梁です。

最後に、10ヶ月にわたり、つたない現場レポートにお付き合いいただき、本当にありがとうございました。わたくし、設計室Mは、施工図とこの現場レポートでしか、関わらせていただいてはいませんでしたが、設計人生の中でも心に残る現場であったことは、間違いありません。そして、最後に、光嶋先生が、「この現場、終わりたくない。」と発言されたことも、おそらく、忘れることは、出来ないだろうと思います。最後の最後になりましたが、 内田先生、そして、奥様、本当に、おめでとうございます。


帰り際に階段室の明かりが、見送ってくれました。

パンフレット・各種資料を無料でお届けします。