日本の木の家づくり(株)中島工務店

岐阜/名古屋/神戸/大阪/東京

現場リポート

【凱風館(内田樹様邸)新築工事】基礎配筋検査

「日本辺境論」等等、多数の著書を出されている内田先生のご自宅兼合気道道場を 新進気鋭の若手建築家、光嶋裕介氏が設計された建築がいよいよスタート。
■光嶋裕介建築設計事務所
 URL→http://www.ykas.jp

竣工予定日:平成23年10月末
延床面積:350㎡
間取り:4LDK+合気道道場
設計者:光嶋裕介建築設計事務所 光嶋裕介

投稿日/ 2011年03月15日
12

配筋検査には、内田先生を始め、光嶋先生、構造の金箱先生が来られました。

2011.3.15 配筋検査


配筋検査には、内田先生を始め、光嶋先生、構造の金箱先生が来られました。


(左から金箱先生、内田先生、光嶋先生です。)本日の神戸は、ポカポカと 暖かい陽気で、花粉も大量に飛散しています。六甲山もかふんでいます。(かすんでいます。すみません。)


しっかり検査もしていただき、2~3点の指摘をいただき、是正させて頂きます。


これは、ホールダウン金物といい、コンクリートと木の柱を 緊結する建築金物です。型枠に赤い横線が見えますか?赤い横線の高さまでコンクリートを打設し、その上部(グリーンの部分)にグリーンの部分は取り除いてから、木の土台を差し込み、ネジで締め込みます。グリーンの部分は、市販のゴムホースなのですが、これを巻くことで、はねたコンクリート の付着を防げるし、高さを確保するのにも役立ちます。


本日の職人さんの手は、前回登場していただいた、チョイ悪オヤジの一設備の古閑さんです。


いつも几帳面な仕事、ありがとうございます。現場でこんな貼り紙が、


「無し」 なら何も描かなくていいような気もしますが・・ このバカ丁寧さがA型のK監督の仕事です。


それでは、本日の現場の模様です。

パンフレット・各種資料を無料でお届けします。