日本の木の家づくり(株)中島工務店

岐阜/名古屋/神戸/大阪/東京

現場リポート

【プラス1の家】基礎工事②

敷地は愛知県名古屋市、坂の上に建つ閑静な住宅街です。
お施主様がここで暮らし始めたのは8年前のこと。中古住宅を購入したお施主様は、改修工事を中島工務店に依頼。これをきっかけに、改修を重ねていく中で「いつか建替えたい、その時は中島工務店で!」と夢膨らませていました。
一時期は、様々な要因によって諦めそうになった時もありましたが、お施主様の強い意志や関係者の方の努力によって「プラス1の家」はスタートしました。
この現場リポートでは、お施主様と中島工務店が夢の実現に向かって奮闘していく様子をリポートいたします!

竣工予定 2023年3月
延床面積104.75㎡ (31.69坪)
設計・監理:中島工務店設計室 香田雅紀

投稿日/ 2022年12月07日
04

基礎工事

前回に引き続いて基礎工事②をリポートします。

捨てコンクリートに示した基準線を基に型枠を配置、鉄筋を配筋していきます。

配筋後すぐコンクリート打設と行きたいところですが、その前にJIOによる検査を行います。

厳しい検査を終え、ようやくコンクリートの打設開始です。

1回目はベースコンクリート(基礎の底盤)を打設。その後、立ち上がり部分の墨出しを行い型枠を配置、2回目で立ち上がりのコンクリートを打設していきます。最後に流し込むセルフレベリング材は、基礎の面を平滑にするためのもので、土台を水平に置くのに必要不可欠なものです。

養生期間を設け、型枠を外したら完成です!

構造材加工

現場で基礎工事を進めている間、加子母の木材センターでは構造材の加工が行われました。

11月上旬、構造材は加子母から現場へ届けられました。建前に向けての準備をしていきます。

建前までもう少し。

次回、土台伏せ・床伏せをリポートします!

 

 

現場監督見習い:戸松拓海

パンフレット・各種資料を無料でお届けします。