スパコン「京」と森林施業

日本の森林は、いよいよ収穫期を迎えます。森林を、伐採して木材を利用する時代に入ります。しかし、その伐採量はどれだけあるのか。林野庁在職中の大半を森林計画に携わり森林をかけ回って調査し、そのデータをもとに長期計画を立てる仕事をしてきたので、そのことについて書きましょう。さて、日本の国土面積の66%を占める広大な森林の現況は「森林調査簿」(民有林は森林簿)に記録されています。調査(森林)簿は、昭和40年代の初めころまでは手書きしていました。その頃、林野弘済会計算センター所有の、日本には数台しかなかった富士通の大型コンピュータを使って、初めて森林調査簿を機械で作成したのです。数少ない計算センターは、全国のあらゆる分野の活用でフル回転し、コンピュータは奪い合いでした。宗像(むなかた)センター所長さんから、「座り込み」の中川さんと呼ばれました。「計算ができるまでは動かない。」と譲らなかったからです。森林には多くの情報が蓄えられています。それは、標高や方位、傾斜、土壌や岩石などの自然条件。また、樹種や面積、林の年齢、天然林かそれとも人工林か。さらに立木の太さや高さ、木材の材積、成長量、森林密度など林況(りんきょう)といわれる情報です。その他、下層の植生や野生動物、法的規制などそのデータの種類は膨大で、森林の情報は、そのアイテムやカテゴリーの量では他にはあまり例がないと言われます。さて、伐採量について触れましょう。国立林業試験場(現森林総合研究所)は、昭和53年に目黒からつくば市に移転しました。東京の山手線の円周と同じくらいの面積のマツ林を伐り開き、国の研究機関を一堂に集めた筑波学園都市は、広い道路は整備されましたが、夜は真っ暗な寂しいところでした。天野正博早稲田大学教授は、この試験場の研究者で、若いころから指導を受けた尊敬する先生です。先生とともに「保続計算」という国有林の収穫量の計算処理を昼夜にわたって取り組み、そのままコンピュータ室で寝入ってしまうこともありました。森林の経営は、恒久で「保続」という独特の原則が特に厳しく唱えられています。こうした森林の経営に関する学問は、「森林経理学」に集約されますが、古くから面積平分法、成長量法などで伐採量を算出する方法があります。当時、国有林では、森林の取扱い(施業)を計算根拠にした「保続表」という複雑な計算をしていました。とても複雑なため、大会議室の床に広げた大きな計算用紙に、5年後、10年後、…と、森林の推移を計算して書き込んでつくりましたが、これを大型コンピュータで処理する画期的な研究でした。データ量の多さと複雑なシステムは、当時の大型コンピュータでも限界がありました。そして昨年(2012年)夏、スーパーコンピュータの世界ランキング1位の「京(けい)」が誕生しました。その計算性能は1秒間に足し算や掛け算などを1京回(=10,000兆回)行うというまさに京速の計算能力をもつのです。これを活用したシミュレーションは、日々の天気予報、航空機や自動車の設計、薬の開発など、私たちの生活に必要不可欠なものになっています。今後、京の活用によって、医療や新エネルギー、防災・減災、次世代ものづくりなど、様々な分野への貢献が期待されています。そこで、この京を使って日本の森林資源量や伐採量を計算処理したら、一瞬にその答えが求められるでしょう。しかし、現在は、このような計算根拠で日本の伐採量は求められていません。「政治判断」で決められているのです。それで……。