木材の1本1本から、中島工務店にとってはデザインです。

ノミ一本から大型機械まで…木を魅せるために高めた対応力。

弊社の工場は、工場といえども人による手作業が大部分を占めています。 それは、木が一本一本異なる性格を持つ"生きもの"であるから。
木それぞれの良さを引き出すためには、やはり木を良く知る人材が、そのクセを読みながら加工していかなければならないのです。そのため、工場のスタッフの中には、元は大工だった者も多数働いています。もちろん、精度の高い木材を手頃な価格でご提供できるよう、作業効率とコストパフォーマンスの向上や、大型建築物への対応に備え、大型機械も充実させております。そういった機械による作業も、当然木を見極めながら機械にかけていくことが必要。そして最後には、必ず人の手によって仕上げを行います。 構造体の柱や梁を魅せる伝統的な真壁仕上げを主流とする弊社の住まいでは、木の1本1本が空間を彩るデザインです。木の専門家が手刻みや墨付けなどの伝統的な技と最先端の技術とを組み合わせ、1棟1棟の住宅に合わせた最適で美しい木材をご用意できることが、弊社の強みの1つです。

■木材乾燥

○構造材・造作材の乾燥
約30立方の乾燥機が2室と約20立方の乾燥機が2室有ります、構造材を中心に造作材など乾燥させています。

■集成材工場

○国産材の(杉・桧・唐松)集成材製造(JAS認定工場)
構造用集製材・大断面・小中断面の製造を行っています
最大製造寸法L20m×W240㎜H×1500㎜ / 湾曲集成材の製造 / 家具用造作材用集成材の製造

■構造材加工工場

○構造材の加工(機械加工寸法)
横架材=W90~150 H90~450 L850~7000 / 柱材=90角~180角 L7000
羽柄材=垂木・間柱・筋違・窓台マグサ・破風・鼻隠し・屋根下地
○加工特性
継ぎ手は、鎌継ぎ・蟻掛を基本としますが、要望が有る場合は追掛継ぎも可能です。
叉鎌継ぎはテ-パ-加工して有り組やすくなっています、蟻掛は腰掛が四角になっていますから、化粧の梁にも対応可能です。
化粧梁の仕上もワイドサンダ-も設備しており仕上げ可能です。
丸太梁加工は複合加工機を設備しており加工可能です。
大黒柱も加工可能です。(複合加工機)
大工も常時工場勤務しており手加工の対応出来ます。
打合せも経験豊富なスタッフが対応し、出来るかぎり希望される加工に対応しています。
壁量計算も対応出来ます。

■造作材加工工場

○造作材の加工
国産材、特に桧・杉材を中心とした無垢材を、鴨居・敷居・ドア枠・床板・壁板などの内・外装材(化粧材)に加工する工場です。
材料の受入れ→削り→溝加工→仕上に至るまで職人の目で材料を吟味し、一本一本丁寧に手間を惜しまず加工しています。
東濃桧・長良杉をふんだんに使った家造りのお手伝いをしています。
○家具の製造
木のなんでも市場で扱っているケヤキ・桧・杉・栃などの国産材(広葉樹・針葉樹)の一枚板や接ぎ合せ板を使ったテーブル、カウンター、そして、集成材工場で製造した家具用造作材用集成材を使ったテレビ台・収納棚等を製作します。
無垢材は形状は同じでも、同じ木目のものはありません。世の中に二つとないオリジナル家具はお客様に満足していただけるものと信じています。
建材や既製品などの家具にはない日本の木の持つ柔らかさ、温もりを肌と目で感じてみてください。