※写真の上でクリックすると拡大出来ます。
※元の画面に戻る時は、拡大した写真の外側の黒い部分をクリックして下さい。

  • 新年 加子母の風景。
  • 雪山 檜も寒さにぐっと耐えています。
  • つらら プレカット工場では長さ4mになりました。
  • 雪景色 朝陽がまぶしい。
  • 厳冬 加子母はすっぽり雪の中。
  • 冬の青空 冬の澄んだ空が清々しくきれい。
  • 水仙(すいせん) うれしい春の到来。元気良く芽を出しました。
  • クロッカス 雪の中力強く咲こうとしています。
  • 雪割草(ゆきわりそう) まさしく雪融けの時期に可愛いピンクの花が咲きました。
  • いぬふぐり 春の日差しを浴びて咲くかわいい花。
  • クリスマスローズ 真白なつぼみが膨らんだ。
  • 二の谷乙女渓谷のきれいな水。
  • 赤八入(あかやしお)乙女渓谷に春を告げるアカヤシオ。
  • 水田遠くに雪山、道沿いの桜、田植えを待つ水田、加子母の春です。
  • 辛夷(こぶし)白い花を梢いっぱいにつけ春の訪れを告げます。
  • 石楠花(しゃくなげ)乙女渓谷の群生地では、やさしい淡いピンクに包まれます。
  • 山吹一重の花もありますが、八重の方が一段と黄色がきれいです。
  • 新緑田植えも終り、山の木々にも新芽が吹き出した。
  • 更紗灯台(さらさどうだん)別名「風鈴ツツジ」、花の形が可愛い風鈴のようです。
  • 朴の花香りのある大きな花 葉っぱは朴葉すしに使います。
  • 木苺そのまま摘んで食べるとほのかな甘みがあって、素朴なおいしさを感じます。
  • 薊(あざみ)野に咲く可憐な花。
  • どくだみ古くから薬草として知られています 近寄ると独特の匂いが漂ってきます。
  • ささゆり可憐な薄いピンク花が開くと、辺り一面にほのかな香りが広がります。
  • 森林浴木々の葉からおいしい酸素が生まれます。
  • 碧水湖(へきすいこ)夏でも冷たい水に手がキーンとしてきます。
  • 田んぼ稲がどんどん育って、緑色がきれい。
  • 額紫陽花ガクアジサイは少し遅れて咲きます。
  • 夏山深緑の山々 夏の日差しをいっぱい浴びて木々が成長します。
  • 山母子草フラワーアートに利用されますが、これが自然に咲く山母子です。
  • 玉紫陽花薄紫の可愛い花が涼しげ。
  • すすき穂が風に揺らいで、秋の訪れを告げています。
  • まだ若い。
  • 稲架(はざ)稲を干す為に、木で組んだ竿に束ねた稲を掛けます。
  • 彼岸(ひがん)花(ばな)加子母のあちらこちらに紅く咲き誇ります。
  • 紅葉秋晴れに映える、橅、楓、楢、白文字。
  • 杉平茸(すぎひらたけ)古い切り株や倒木に、白くきれいに重なり合って生えています。
  • 一位(いちい)常緑針葉樹 秋になると赤い実をつけます。
  • あけびほのかに甘い果実を食べますが、種がいっぱいです。
  • 夕陽ダイヤモンドのように輝いています。
  • 干し柿これからじっくり日光浴をして甘くなっていきます。
  • 楓(かえで)紅に染まった葉が陽に輝く。
  • なめこまだ若いなめこたちが並んでいます。
  • 凍みる冬に備えて、綺麗に整列。
  • 干し柿随分甘くなりました。
  • 冬景色米の収穫も終え一休み、この冬を乗り越えて又米を作ります。
  • 野菜の日光浴このあと漬物になります。
  • 唐辛子自家製の一味は特別辛くて癖になります。