日進月歩でさまざまな工法や技術が開発されていく住宅業界において、木をよく知り、木を読み、木を活かすことができる本当の意味での"プロの大工"は、全国でも数を減らしつつあります。しかし、加子母から届く木で家を建てる中島工務店の住まいには、その技術は不可欠。手間と時間をかけ、見えない部分に至るまで真心を込めて、住まいに木の息吹を吹き込む大工の職人技が、安心・安全、そして信頼の家づくりを支えています。

木を最大限に活かす大工技術を伝承

常に合理化と簡素化の一途を辿り、いかに手間を省くかばかりが重視されている昨今の住宅産業。その中で、私たちが行う住まいづくりは、無垢材をふんだんに使用して細部にまでこだわるため、手間のかかることばかりです。しかし、私たちにとって"手間"は美徳であり、誇りを感じるべきもの。手間をかければかけるほど、最高のものができ上がると信じています。そういった意味においては、中島工務店での日々の仕事は、私たちの技術を高め、その技術を次世代へと伝承していくに最も適した題材でもあります。木を使い、その魅力と性能を最大限に引き出す大工技術の伝承は、山元岐阜県発の住宅建築に携わる私たちの使命だと思っています。




すべてはお客様の夢の実現するための技術

私たちのつくる家は、たんに私たちの作品ではなく、お客様の暮らしをつくる住まいです。そのため、建主様の満足なくして、私たちの満足はありません。お客様のご希望を最初に伺う営業やそれを図面へと落とす設計士はもちろんですが、私たち大工は現場においてお客様に最も近い場所で仕事をする存在。お客様が不安に思っていることやその場で感じたよりよい選択を、常に敏感に感じ取り、現場での変更や追加のご要望にも積極的に取り組むよう努めています。お客様の"かゆいところ"に手が届くよう、大工職人の立場から設計図の半歩先を提案させていただきたいと思います。




職人集団の筆頭として、よりよい現場づくりを

1棟の住宅を建てる際には、実にさまざまな分野の職人たちが関わりをもって、完成まで導いていきます。その中でも私たち大工職人は、最も長い時間を現場で過ごし、すべての職人と連携をとって仕事をしなければなりません。職人集団のリーダーとして、各分野の職人や現場監督との連携を大切にし、それぞれの持ち場で職人さんが円滑で楽しく仕事ができるよう、日々現場づくりに心を尽くしています。