安心して楽しく住まいづくりができるよう、
常に気配りを忘れずに。

もともと設計に携わっていた私ですが、施工管理から営業・設計・見積り・メンテナンス…と、幅広くこなせるよう努力しています。その中で、お客様にもスタッフにも安心して楽しく住まいづくりができるよう、気配りと提案をしていきたい。それが日々の願いです。

スタッフもお客様も、一丸となれる中島の家づくり

私がまだ別の工務店で働いていた頃、弊社の社員同士が働いている姿は、とても仲が良いように見えました。部署や年齢が違っても、縦横問わず気軽に話をしているのを見て、非常にうらやましく思ったのを覚えています。会社も違う若造の私にも、同じ職場の人間として分け隔てなく接してくれ、一緒に仕事をして楽しかったのが入社を決めた最大の理由です。実際に入社後も、メンテナンスなどで弊社にて住まいを建てたお客様のお宅に伺うと、皆さんが建築当時の思い出を楽しそうに話してくれる場面によく出会います。その多くが、当時の担当者や大工の話。スタッフはもちろん、お客様とも深い絆を結ぶ弊社の住まいづくりを実感しています。

施工の段階でも常により良い住まいへ追求。

現場では、設計された建物を設計図通りつくるのではなく、より良い建物にするよう提案するようにしています。大きな変更はできませんが、使い勝手や見栄えなどを考慮して、施工の段階で設計図を上回るよう、仕上がりを思い浮かべながらディテールを考えていると、自分がイキイキしているなぁと感じます。そういう作業は大好きですね。特に地鎮祭前の更地の状態の時は、現場で「ああしたいな、これもしよう」とワクワクします。お客様と同じ気持ちです。その後工事が進んで行くと…紆余曲折あってなかなか理想通りとはいきませんし、反省点も多いもの。でも、やはり完成して引き渡し前に建物を眺める時は、一人で「よくやった」と灌漑に浸る瞬間ですね。

しっかりとした説明と計画で、安心の住まいづくりを。

自分では十分に説明したつもりでも、お客様に出来上がりをイメージしていただくことは、なかなか難しいもの。出来上がりを見て「こんなふうになるとは思わなかった」と言われることもあります。後からやり直しをすることがないよう、できるだけ実物サンプルやスケッチ、身振り手振りを駆使して、理解してもらいやすい説明をするように心がけています。また、住まいづくりにおいては、知識と経験を駆使して計画したにも関わらず、仕事の難易度や天候など、さまざまな要因で当初の計画や工程通りにいかないこともしばしば…。そんな中でもお客様に安心して住まいづくりを進めていただけるように、自分の意思をスタッフにしっかり伝え、コントロールする術を磨くことを今の課題としています。自分の思い通りにすべての事を進めていけたら…気持ちがいいだろうなぁ。