過酷な環境や困難も、
すべてをよりよい住まいづくりへの力にして。

十人十色のお客様、多種多彩な住まい…それぞれに思い出がありますが、それぞれのお施主様にごひいきにしていただけたことは、一番の喜び。失敗事例ももちろんありますが、そのすべてを経験としてプラスにしながら、成長していきたいと思います。

"なんでも"手掛けるために、綿密な調整が大切

私が弊社に入社したきっかけは、高校の先輩からのお誘いでした。先輩の言う『なんでもできる会社』という言葉に心惹かれたのが、決め手でしたね。しかし、"なんでも"というのは魅力的なのと同時に、難しさも生じます。仕事を始めて、人間関係然り、段取り然り、すべてにおいて自ら調整し、物事を進めていかなければいけない難しさを実感しました。やはり大切なのは、打ち合わせを事細かに行い、相手の考えていることを理解するために柔軟な考えを持つこと。そして物事が始まる前の準備を確実に行うことを、日々心掛けています。

標高2000mでの忘れられない思い出

今までに手掛けた印象的な物件は数多くありますが、その中でも標高2000mの山頂で、山小屋の新築工事を行ったことは、とても貴重な経験でした。重い荷物を背負って急な登山道を何度も往復し、山頂で宿泊しながらの作業は大変を超えて過酷な日々でしたが、何もかもが新鮮。クマ出没情報や下界の比ではない威力満点の雷に怯えながらも、山の恵み・旬の味である山菜をとって食した時の美味しさや、朝昼晩と移り変わる山頂からの絶景を眺める喜びに、感動する毎日でした。特に山頂から望む夜景はすばらしく、完全に日が落ちた後、空気が澄んでいる日には遠くに名古屋市の街の灯りが見え始め、空には無数の星が瞬く贅沢なパノラマは、そこではしか味わえない、まさに醍醐味の1つでしたね。

常に上昇志向で素敵に年をとっていこう

自分ってどんな人間かと考えてみると、優柔不断に加えて慎重派? 結構心配性なのに無計画? 細かいことは好きだけど面倒くさがり屋? …なんだか全然いいところがないような気がしてきましたが、こんな自分と40年近く付き合っています。これからは、自分への厳しさのハードルをちょっとずつ上げて、クリアしていきたいですね。特に、意思を強く持ち、信念のあることは一貫していきたいと思っています。あとは体重を増やさないよう気をつけて、素敵なおじ様になっていけるように…頑張ります!