現場リポート現場リポート

<< ふるさとと繋がる家の一覧に戻る >>

内装工事

投稿日/ 2016年1月31日

「ふるさとと繋がる家」は大工さんの造作工事も完了し、施工課長による造作検査も無事に終了しました。いよいよ内部の仕上げ工程、内装工事に突入です!内装材には様々な仕様がありますが、中島工務店では内装材に板材をふんだんに使用しますので、天井や壁の内装は大工さんの造作工事の際に全体の半分ほどが済んでしまいます。ここではクロス仕上げと左官仕上げについてご紹介し、板材の内装仕上げについては完成間際の内部全体のリポートの差にご紹介したいと思います。

まずはクロス仕上げです。大工さんが張り上げたプラスター(石膏)ボードの上にパテ処理をします。ボードのジョイントやビス穴をパテで埋め平滑にする作業です。

壁も同様のパテ処理をしていきます。

パテ材が乾燥してからクロスを貼り上げていきます。クロス仕上げは2階の子供室の二部屋と1階廊下の天井のみなので作業工程としては3日ほどで終了しました。

クロスが貼りあがった状態です。真壁なので柱や梁材や天井の木部とのコントラストはやっぱり「白」が一番合っていますね。

次は左官仕上げです。ここでの仕上げ材はフジワラ化学株式会社の「けいそうエコナ」です。まずはプラスター(石膏)ボードのジョイント部にファイバーテープを貼り専用の下塗材を塗ります。

主材をミキサーで練り上げ、徐々に少量の水を加えながら適度な硬さになるまで入念に混練りします。

ネタが出来上がると塗り上げ作業に取り掛かります。

塗り上げるのは飛騨の職人、福井左官さんです。穏和で寡黙な人柄ですが繊細な鏝裁きは見事なものです。

塗り上げられたばかりの仕上げ面は輝きを放ち、見事なパターンを映し出してくれました。このけいそうエコナは、プラスター(石膏)ボードに直接塗ることができるうえ、室内の湿度が高くなると空気中の水分を吸収し、湿度が低くなると放出するという優れもの。高温多湿の時期も快適な住空間を可能にしてくれます。

玄関ホール正面の飾り棚の壁には朱色の壁紙、桧の腰壁、そして珪藻土とのバランスはいい感じです。

ピンク色した東濃ひのきの柱とのコントラストもいいです。

そして桧の腰板との取り合いも美しいですね。けいそうエコナには様々な仕上げパターンがありますが、ここでは「塗り放し仕上げ」を採用。柔らかく自然な美しい仕上げになりました。

内装の大部分が塗り壁のため、掲示物の貼り付け用としてマグネットボードも取り付けました。ご家族の掲示板として活用します。

ふなっしーマグネットで磁力をチェック!良好です。

こうして内装工事はほぼ完了しました。内部では木製建具が設置されたり、木製の棚が取り付けられたり、順次住宅設備機器も設置されていきます。外部では玄関やアプローチの土間仕上げにも取り掛かっており、にわかに仕上げ工程ならではの独特の慌ただしさになってきました。

次回の現場リポートは土間の洗い出し仕上げをご紹介したいと思います。

設計・監理 小林尚長