現場リポート現場リポート

<< こまきカエルの家の一覧に戻る >>

断熱工事

投稿日/ 2009年11月12日

先回の予定通り断熱材のリポートです。

今回使用しましたのは、セルローズファイバーと呼び、木質繊維です。

古紙を細かくチップにした物で、でんぷん糊を混合させて、吹き込み工法で壁内に充填させます。

事前の工事として必要なのが、内部下地を取付け前に専用のビニールシートを断熱施工部に隙間なく張りつけ、その後胴縁等下地を取付けます。

そして今回の施工が始まりました。

 

トラックの中には、材料と風送させる機械が入っています。↓

 

 

 

材料は、圧縮されてパックの中に入っていました。

これを機械で攪拌しホースで風送します。↓

 

 

 

糊は、クロス張りにもよく使用する物です。↓

 

 

 

断熱材が吹き出すホースの先端手前で古紙とミックスして吹き込みます。

(黄色いホースが糊を運んで来ます)   ↓

 

 

屋内は、化粧部・床・壁すべて養生をしてから、吹き込み作業を行います。↓

 

 

吹き込み作業↓

強く風送されて来ますので、開始後すぐに埃が舞いました。↓

 

 

セルロースファイバーが吹き込まれました。↓

ところどころに貼ってある、グレーの四角いテープは、ホースを挿入した時の穴を塞いでいます。

断熱材が十分に充填されている事が、壁の膨らみで分かります。

 施工前↓

 これで断熱工事が終わりました。

これから、造作工事が再開します。

今井英樹