現場リポート現場リポート

<< 猿投山の麓に建つ家の一覧に戻る >>

猿投山の麓に完成!

投稿日/ 2012年12月28日

『猿投山の麓に建つ家』がいよいよ完成の時を迎えました。

お施主様との二人三脚で造り上げたこの月日が、長いようで短く感じられます。

2010年5月、
弊社イベント「水と緑の勉強会」に参加されたお施主様。
この頃から本格的に家づくりが始まりました。

2010年8月、
家づくりのご要望をお聞きしてプランニングがスタート。
何度と打合せを繰り返し、およそ1年でプラン決定!

2011年6月、
開発行為許可申請、7月に開発許可。

2011年8月、
設計業務委託契約を交わし実施設計がスタート。
実施設計にはおよそ3ヶ月を要しました。

2012年2月、
造成工事着手、3月造成工事完了。

2012年3月、
建築工事請負契約を交わし、4月に建築工事着手。

2012年5月、
上棟式を行い、盛大に餅投げをしました。

2012年10月、
建築工事完了。完成内覧会を開催させていただきました。

出会いから2年半。私たちはむやみやたらに時間をかけている訳ではありません。
住まい手と造り手とが一緒になって拘りを持ち、思いを込めて納得のいく家づくりをする。

それが私たちの家づくりなんです。

その集大成をどうぞゆっくりとじっくりとご覧ください!

まさに猿投山の麓!そして周りはのどかな果樹園。

sanage (03) 中に入ると10帖のリビングが家族を迎えてくれます。

sanage (04)その続きでダイニングとデシャップカウンター越しに対面キッチン。

sanage (05)リビング繋がりの和室は清閑かつシンプルに。

sanage (06)

リビング階段は存在感があります。

sanage (07)

2階の中央には親子を繋ぐ渡り廊下。

sanage (08)上を見上げると・・・地松の丸太梁と越屋根が心地よい空間を演出してくれます。

sanage (09)下を見下ろすと・・・12帖の吹抜けを駆け上がる階段がこの空間を引き立ててくれます。

sanage (10)

トイレの手洗いカウンターにはお施主様ご家族自作の鉢を設置しました。

sanage (11)下足室の豆砂利洗い出しの土間には、こ家族全員の手形と子供たちの足形!

sanage (12)LDKの真ん中には薪ストーブ。バーモントキャスティングスのアンコールブラック。

sanage (13)階段の親柱は杉です。木の家にはやっぱりこの年輪!

sanage (14)

          夕暮れ時の部屋の明かりは何とも言えない風格を感じます。

『猿投山の麓に建つ家』は11月10日にお引き渡しを終え・・・
そしてご夫婦そろってお誕生日である11月16日にお引越しをされました。

少し寂しい感じもしますが、
ここからが私たちとのお付き合いの本当の始まりです。

今まで以上に思い出をいっぱい作っていってほしいと思います。

ありがとうございました。

設計・監理  小林尚長