現場リポート現場リポート

<< 愛宕Arkの一覧に戻る >>

高級素材、桧の床板。

投稿日/ 2010年12月21日

2010年12月21日(火)

「愛宕Ark」の先週は、外壁の左官工事の下地造りで専ら外部での作業が続きました。さて、今週はいよいよ内部造作の再開ですが、最も大切な工事の一つ、1階の床張りに入ります。

1階の床板は「」です。私達の作品を私達の作品らしくしている要素の一つが、この桧の床板と言っても過言ではありません。実際に、当社のモデルハウスTERRALITTLE KASHIMOも、1階の床に桧板を採用しています。高級感のある高級床材です。等級は、”節はあるが最小限”と言う「上小節」です。更に高級感が増します。

無垢材はそもそも非常に繊細なもので、反りや曲りで一枚ずつが少しずつ形状が違います。これは、同じ加工機で同じ設定で加工しても発生する無垢ならではの現象です。そんな無垢の癖を知り、根気よく対応できる大工さんとなると限られてきます。

そしてもう一つ、「真壁」が作業を難しくしている要素です。柱が仕上げの一部となる「真壁」では、柱の根元に溝を加工し床板を少しずつ差しこんで行きます。こうすることで木と木の取り合い部分が美しく納まります。

さて、張り始めて約1日、やっと部屋の半分ぐらいが張れました。本当に時間と根気を要する作業です。広い部屋で特殊部分も少なければざ~と張って行けるんですが、住宅ではなかなかそうはいきませんね。柱や敷居と取り合う部分は何度か仮置きして少しずつ慎重に加工して合わせて行きます。

そして目処が立ったら、接着剤を付け、

  

凹凸の形状の実(さね)をコンコンと叩き込みながら、

最後は釘で止め付けて行きます。仕上げ材の上では靴を脱いで・・・手4本で作業します。

  

張り終わった部分はこんな感じです。空間が明るく感じます。足触りも適度に優しく、その上独特の上品な香りが堪りません。

足触りだとか香りだとか言われても現場リポートでは伝わりませんね。その辺りは2011年3月12・13日のオープンハウスでご体感頂くとしましょう。 

中島 大地