現場リポート現場リポート

<< 会所沢の家の一覧に戻る >>

配筋検査。

投稿日/ 2012年1月11日

12月20日(火)

「会所沢の家」では、先週から始まった基礎工事も配筋完了までやってきました。

配筋の完了を受けて、本日は監理者が行う段階検査のひとつ「配筋検査」です。同時に瑕疵担保保険の条件の検査も行います。検査員は日本住宅保証検査機構(いわゆるJIO)の検査員です。

検査では、鉄筋径、本数、間隔、型枠と鉄筋との間隔(かぶり)、鉄筋の重ね継手の寸法、スペーサーの間隔等が適合していることをチェックします。結果はもちろん合格です。この合格を受け、コンクリート打設に進みます。

奥村 敏男