現場リポート現場リポート

<< 会所沢の家の一覧に戻る >>

トイレの手洗いカウンター。

投稿日/ 2012年4月21日

2012年4月21日(土)

「会所沢の家」では、造作も中盤を過ぎた頃。今回はトイレの手洗いカウンターの造付けをご紹介します。

このカウンター材は、実は建て主さんのお父さんが以前働いていた工事現場で倒木した桜の木なんです。そんな経緯を持つ天板を、(協)東濃ひのきの家造作工場で加工し、予め塗装し現場に搬入。

 

天板の表面をクローズアップしてみると、

写真では上手く伝わりませんが、木目を生かした艶出しの塗装で非常に美しい仕上がりです。これが宮川工芸塗装さんの仕事です。外部塗装でもお世話になった宮川さんの、こちらもまさしく「工芸」の技ですね。

このカウンターには、建て主さんが自ら選んだ陶器の手洗い鉢が備え付けられます。暖色系の照明やこれら業の映える調度品に囲まれて、安らげる空間になることでしょう。

奥村 敏男