現場リポート現場リポート

<< 箕面市新稲の加子母子屋の一覧に戻る >>

材料検査から建て方へ

投稿日/ 2012年5月11日

基礎工事が完了する中、加子母プレカット工場では材料の手配・加工準備が進みます。

3月11・12日にC様ご家族と加子母へ材料検査へ行きました。

当日の様子は、気ままに→彩都営業所長 今井清隆のブログに掲載しております。

 

 

 

いよいよ加工へと向かいます。

加工は主に機械を使って行いますが、中には人の手で刻まなければならない所もあり、繊細な技術が求められます。

 

 

手刻みの様子。

 

丁寧な仕事で加工された材料は加子母のS運送さんにより大切に箕面市新稲へと運びこまれます。

辺りには桧の良質な香りが漂います。

 

まずは土台伏せから。

今回担当する棟梁は竹本匡芳棟梁です。

棟梁の中では、比較的若手ではありますが、若手技巧派としてとても丁寧な仕事をされるとっても優しい棟梁です。

快晴の中、着々と作業は進みます。

 

 

 

次回はいよいよ応援の大工さんも入り棟上げへと向かいます。