現場リポート現場リポート

<< 箕面市新稲の加子母子屋の一覧に戻る >>

建て方スタート

投稿日/ 2012年5月12日

前回の土台伏せから一夜明けいよいよ建て方が始まります。

初日は、レッカーを使用し屋根仕舞までが目標です。

 

6寸角大黒柱の登場です。

 

 

基礎工事にもありました通り、構造としての柱は外周部+2本の大黒柱のみとなっており、内部にある柱は1F5本、2F4本、この9本は内部の造作で立てるようにしました。

 

前回の瀬川の家を造り上げた遠藤棟梁も応援にかけつけてくれています。

前回の経験を活かし、作業がスムーズに進んでいきます。

 

竹本棟梁が建て起こしのチェックを行います。精度もバッチリです。

ここから2F柱、小屋梁、小屋組へと向かいます。

 

今回は1つの試みとして垂木をなくし屋根パネルを自社で製作し、棟木と母屋に固定していくということです。

屋根パネル製作の様子がこちら。自社で製作した屋根パネルにアイシネン(断熱材)を充填していきます。

 

 

この屋根パネルを伏せていきます。

棟梁の玉掛けのもと、息を合わせて作業を行います。

 

棟梁の掛け声で作業はスムーズに進みます。

屋根パネルも伏せ終わりルーフィングへ。

屋根勾配7寸、安全を最優先に作業を行います。

 

初日の作業目標はクリアすることができました。

次回は外壁面材張り、サッシ取付、構造用金物取付へと進みます。