現場リポート現場リポート

<< 御前山を仰ぐ和みの家の一覧に戻る >>

【御前山を仰ぐ和みの家】躯体検査

投稿日/ 2019年5月26日

 

Vol.6

4月に雪が積もった飛騨萩原宿でも、5月らしい暖かい日が続くようになりました。
現場では上棟後も着々と作業が進み、5月20日にはJIO(日本住宅保証検査機構)の躯体検査を受けました。
今日は躯体検査の様子を中心にお届けします。

 

耐力面材・透湿防水シート貼り

建て方後、上棟式までに耐力面材と透湿防水シートを貼り進めていました。
耐力面材は耐震・耐風性能を高めるもの、透湿防水シートは壁体内の湿気を外部に逃がすもので躯体を長持ちさせることにつながります。

 

間柱・筋交い

2019年5月14日には間柱や筋交いを取り付けました。

しっかり金具で留めつけます。

 

躯体検査

5月20日、JIO検査員による躯体検査が行われました。
耐力面材や筋交い、構造用金物の施工状況、防水処理などをひとつひとつ確認していきます。

耐力面材の釘の種類やピッチが適切かどうかも確認します。

残念ながら1カ所だけ「防水透湿シートが剥がれている」との指摘を受けてしまいました。
サッシ取付時等に剥がしてきちんと貼り直していなかったのが原因です。

指摘を受けた箇所は是正して、報告書を提出して承認してもらいます。

躯体検査を終え、さらに内部外部ともに作業が進んでいきます。
引き続きお楽しみに。

 

現場監督 前田安一郎