現場リポート現場リポート


砧マンションリノベーション 完了検査

投稿日/ 2019年3月29日

砧マンションリノベーション第7回目の現場レポートは完了検査です。

完了検査の前に畳を搬入しました。

畳は家ごとに寸法が違います。そのため、畳屋さんは事前に現場で一度寸法を測ってから畳を製作します。

砧マンションは小上がりの3帖の畳スペースがあります。

設計の段階で小上がりの高さを380㎜に設定して、テーブルの真横に配置することでベンチ代わりとしても使用でき空間を有効活用できるようにしました。

畳1

棚の奥に見えるのはプリンター用のコンセントでLANも付属しています。

住まい手さんが以前から使用していたプリンターを実測し、ぴったり納まるように棚の奥行・幅を決めました。

 

畳2

3帖分のスペースがあれば布団を敷くことができ、少し大きめのベット代わりにもなります。

さらに畳の下は収納BOXが3つ入っていて壁面の棚と合わせるとかなりの収納量になります。

この畳スペースだけでベンチ・ベッド・収納と3役を務めます。

 

完了検査

全ての工程が完了し室内のクリーニングが終わったら完了検査を行います。

社内の検査は担当した設計者と現場監督以外の社員が立ち会います。

完了検査では、木工事検査の時に検査した木部の傷やへこみの他に建具の開閉状況や水回り・インターホン・給湯器・照明などに不具合がないかなど様々な箇所を検査していきます。

 

建具

電話台の建具の検査しています。建具を外し、問題がないことを確認しました。

 

洗面台1

洗面台2

洗面台の給排水部分を確認しました。洗面台の下は目隠し板が付けられているため外してからチェックをしました。

検査は問題なく終わりました。検査で発見された傷へこみ・不具合などは修繕し、是正していきます。

是正が終わった後は、住まい手さんに最終確認をして頂き、お引き渡しとなります。

 

検査完了

お引き渡しの前に検査完了後の写真をご覧ください。

リビング・ダイニング1

畳スペースからダイニング・キッチンを見た様子です。

畳スペースをベンチとして使えば4~5人程度座ることができます。

 

勾配天井

砧マンションリノベーションの特徴の一つである勾配天井です。

大工さんが割付(わりつけ)を行い等間隔にきれいに並んだ垂木(たるき)が印象的です。

天井の中心の白い部分は天窓のように見えますが、この現場レポートでも以前紹介した造作照明になっています。

 

廊下

畳スペースから寝室へと向かう廊下です。左にテレビ台、右にウォークインクローゼットが配置されています。

勾配天井は寝室まで続いています。

 

ウォークインクローゼット

ウォークインクローゼットの様子です。

シナ合板でできた壁と天井は大工さんが一枚一枚丁寧に調整して貼りました。

上段棚と右側の出っ張ている部分については「砧マンションリノベーション 板壁・天井仕上げ」をご覧ください。

 

完成写真をご覧になりたい方は「 砧マンションリノベ:竣工写真&お引き渡し」又は「作品集:世田谷区・砧マンションリノベーション」もご覧ください

 

小此木

 

砧マンションリノベーションについてもっと知りたい方は「加子母っ子タイムもご覧ください。