現場リポート現場リポート

<< きらくな家の一覧に戻る >>

◆きらくな家◆完成内覧会

投稿日/ 2018年9月13日

Vol.21

2018年9月8日・9日の2日間“きらくな家”完成内覧会が開催されました。
今日はその様子を営業の宮崎がお届けします。

 

完成内覧会

完成内覧会は建てさせていただいたお住まいをお施主様のご厚意でお引渡し前に見学させていただける貴重な機会。
これから家を建てようというお客様にとって実例は何よりも参考になりますから、私たちもぜひ見学していただくようオススメしています。
今回は2日間で19組のお客様にご見学いただきました。

当日のお客様の感想やアンケートによると、葺き下げ屋根の落ち着いた外観はとてもよい印象だったようです。

玄関を入ると、設計打ち合わせの頃につくった“きらくな家”の模型がお出迎え。
現場リポート第1回に登場したアレです。

玄関にはシューズクロークを配置。
最近はシューズクロークを希望されるお客様が多くいらっしゃいますが、大きさや棚のつくり方などで悩まれることもしばしば。
内覧会で実物を見ると実際の大きさや使い勝手の参考になります。

チラシにも載せたリビングからダイニングキッチンがひとつながりになった空間は「木の見え方が心地いい」「開放感がある」「使いやすそう」と好評でした。

こちらは“きらくな家”の奥様こだわりの和室です。
船底風の梁見せ板張りの天井が目を惹き、アンケートでも「和室の天井がよかった」等の感想をいただきました。

そんな中、今回一番人気だったのがこちらの書庫。
ご夫婦ともにマンガが大好きなお施主様のたっての希望でつくったスペースです。
1万冊を超えるコミック本を収納する造り付けの書棚は圧巻で、見学されたお客様には造付家具ならではの魅力を感じていただけました。

ちなみに今回書棚に並べていただいたコミック本はすべてお施主様の私物です。
ご主人様が内覧会に間に合うようにコツコツと運んで収納してくださいました。
もちろんこれは1万冊の一部ですから、全部並ぶのが楽しみです。

造り付けのよさはほかにも随所で見られますが、トイレの手洗いカウンターもそのひとつ。
ゴールデンウイークに真山釜で選んだ手洗い鉢もきれいに据え付けられました。

今回はいつもの内覧会より長い時間見学していかれた方も多く、いろいろな点で参考にしていただけたのではないかと思います。
“きらくな家”のお施主様、貴重な機会をいただきありがとうございました。

 

完成内覧会も終わり、ついにお引渡しを迎えます。
1月にスタートした現場リポートも次回が最終回。
最後までお楽しみに。

営業 宮崎彰顕