現場リポート現場リポート

<< 東京・桜台の加子母子屋の一覧に戻る >>

東京・桜台の加子母子屋 仕上げ工事

投稿日/ 2018年3月23日

大工さんの仕事はテンポ良く進み、内部の空間は左官仕上げに入りました。

しかし!大工さんが抜けてすぐに東京は数十年ぶりの大雪に見舞われました。

都内の車事情はほとんどマヒ状態。でも冬装備の中島号は問題なし。

しかし、職人さん達が現場には来られませんでした。20㎝はあります。

隣地ギリギリの屋根に付けた雪止め金具が早速役に立っていました。

埋もれて見えませんがしっかりと機能しております。

 

雪が溶け始めてようやく内装に「珪藻土」を塗ります。

商品名は日本エムテクスの天然スタイル「土壁」。

仕上がりは一般的な珪藻土と漆喰の中間くらいのイメージに仕上がります。

塗厚は2㎜程度ですが、吸放湿性能は夏の多湿、冬場の乾燥に対して有効です。

 

キッチンは奥様のご希望でモザイクタイルを貼りました。

内装の建具や可動間仕切りは加子母子屋のオリジナルが取付きました。

間仕切り及び壁は美濃和紙を貼っています。画像だと区別がつかない。

構造と切り離して取付られる鴨居部材はDIYでも取付・取外しが簡単。

将来間仕切りの空間パーツです。

階段室にはお子様の転落防止と冷気ドラフト(吹下ろし)止め兼用の引き戸。

桧の質感に堅木のサクラ材の大手(建具の両サイド部分)がアクセントになっています。

 

東京支店