現場リポート現場リポート

<< 東京・桜台の加子母子屋の一覧に戻る >>

東京・桜台の加子母子屋 造作工事2

投稿日/ 2018年4月2日

レポートで造作工事の2を載せ忘れていました!

前後しますが報告します。

加子母子屋の壁断熱はアイシネン吹付け工法を採用しています。

化粧枠などはマスキング養生をして専用のガンで吹付けます。

薄く吹付けてもみるみるうちに発泡して膨らんできます。

膨らみ加減を知らないと想像以上に張り出してしまうのでここはプロの加減です。

発泡が一段落して固さもでてきたところでペーパーナイフの大きい様なカッターで削ります。

隙間なく充てんされるので気密性を高めるのに一役かっています。

大工さんの工事は1階の床貼り、玄関框の造作に入ります。

床板は無垢の桧で40㎜あります。まな板のような厚さがゼイタクに使われます。

削るそばから桧独特のいい香りが家じゅうに漂います。

床下には24時間換気の空調設備が仕込まれます。

基礎は外周に断熱材を貼り、床下空間の換気ダクトから床スリットを介して循環する仕組みです。

1階~2階を循環させる筒型のアローファンも別に設置しています。

2階への階段下地として段々の受け材が付きました。

オープンスペースの2階は壁下地の石膏ボードの貼込みも完了しました。

建て方完了から3週間ほどでここまで進みます。

 

東京支店