現場リポート現場リポート

<< 東京・桜台の加子母子屋の一覧に戻る >>

東京・桜台の加子母子屋 造作工事

投稿日/ 2018年3月12日

内部では大工さんの工事が本格化します。

加子母子屋の基本はスケルトン+インフィルという考え方。

可変に空間を活用するため外周部の耐力壁以外はフリー間仕切り。

特に2階は将来間仕切りができる様に最初は広い空間で作ります。

天井と床は建て方時点ですでに仕上がっています。

大工さんは主にトイレや個室の固定間仕切りや階段回りの腰壁を施工します。

右手に階段室の腰壁がJパネルで取付きました。

階段室の向こう側で間仕切りの施工が始まっています。

内壁を仕上げる前に第三者機関のJIOの構造検査があります。

構造金物は建て方のすぐ後に取付が完了しています。


電気設備では外部の換気扇ダクトの開口部を先行します。
JIOの検査員が来てチェックを受けます。
構造金物の取付状況や外壁耐力壁の釘ピッチの規定確認など行います。
同時に外壁の防水検査も行いますが社内では事前に放水テストをして漏水なしを確認しました。
ダクトの開口部回りには専用の防水部材があり、便利になりましたね。
JIOの検査が完了したところで外部の軒先木部の塗装工事に入ります。
桧の素材感はそのままにクリア色の塗装仕上げで耐久性を確保します。
続いて外壁には左官工事下地の縦胴縁を取付けます。
見えなくなる胴縁も加子母から桧材で届いています。良い香りです。
1階は桧の無垢板で厚さ40㎜の部材が届きました。
このあと1階は総桧の床が仕上がります。
東京支店