現場リポート現場リポート

<< 東京・桜台の加子母子屋の一覧に戻る >>

東京・桜台の加子母子屋 改良工~基礎工事

投稿日/ 2018年2月9日

解体前の敷地は地盤が東寄りに少し下がっていたので設計地盤までの高さ調整

の為に砕石転圧を行います。

現場車両の乗り入れも考慮して道路際まで投入しました。

続いて事前の地盤調査結果から改良工事をすることになりました。

支持層までの深度とコストバランスで小口径鋼管杭を選択しました。

先端の羽根が固い層まで到達して支持杭となります。5.5mの拡大翼付です。

杭頭が基礎コンクリートの下高さに設定されます。

専用の打ち込み重機で 基礎ラインに合わせてプロットした箇所に鋼管をセットします。

所定の打ち込み深さに到達したのをレベル測定器で確認しています。

杭頭は金属キャップを溶接して完了です。

続いて現場には仮設ゲート、看板、トイレが設置されて基礎工事が始まりました。

加子母子屋の基礎はいたってシンプル。外周と大黒柱の2箇所の立上がりのみ。

砕石にオートランマーを掛けて地盤との馴染みを良くします。

地鎮祭でお預かりした「鎮め物」を地盤下に埋設します。

砕石の上に防湿シートを前面に敷き込みます。

外周部と地中梁の鉄筋組みする部分にコンクリートを流し込みます。

建物の土台芯や型枠の墨出しのために必要です。

打設完了して硬化が進んだら型枠、鉄筋を組みます。

内部はフラットで大黒柱の2ヶ所のみの型枠で鉄筋工事はすぐに終了。

日本住宅保証機構JIOの配筋検査を受けて「問題なし 合格」。

基礎コンクリートは立上がり一体で打設を行います。

コンクリートは先に立上がり部分へ投入して落ち着いたところで床盤の打設を行います。

時間は掛かりましたが一日で打設が完了するため作業性がよいのが特長です。


コンクリートのテストピースを採取しました。

4週間で所定強度が出るか試験破壊して性能を確認します。

打設完了後、数日で型枠を外して行きます。

コンクリートが密実にしっかり打てた様子が配管の写り込みで分かります。

玄関土間など一部増し打ちが終わり完成した状況です。

いよいよ建て方工事が始まります。

 

 

東京支店