現場リポート現場リポート

<< 東京・桜台の加子母子屋の一覧に戻る >>

東京・桜台の加子母子屋 プラン計画&OB宅訪問

投稿日/ 2017年12月29日

敷地調査と役所調査の結果、定型プランでの実施が確認出来ました。

西側の古いよう壁との離隔を車庫スペースと玄関アプローチにあてて

日照に有利な位置取りを決めました。

加子母子屋のプレゼンテーションは3Dで実際に建てた状況を歩いてみることができます。

道路側から見た外観や内観は図面よりも分かり易く、かなりのリアル感があります。

洗面室の板貼りの質感や空間のイメージもつかみやすいですね。

日照条件も夏と冬の日の入り方も内観から確認出来て、良くできています。

 

とはいえ、実物の質感や空間体感がしてみたいとの事で7月の週末に彩都へ行きました。

OB様宅と彩都のモデルハウスとを見学して回りました。

OB様宅。シャープな切り妻が加子母子屋の特長です。外構とのバランスもよいですね。

住まい手様からも色々なアドバイスをいただきました。

オプション設定のウッドデッキが内外一体のスペースで開放的でした。

もう一軒伺ったお宅でもウッドデッキが印象的でした。

彩都のモデルは二階の勾配天井やロフトパーツ、間仕切りの可変性の高さが実感できました。

3Dで見た物と実際に体感した事でオール桧の質感や空気感などもご納得いただけました。

 

大阪での見学を参考に基本のスケルトン(構造)の間取りが決まり、インフィル

(追加間仕切り、住宅設備など)を打合せ、東京に戻り、設備ショールーム見学を重ねて

予算調整をしながら10月にご契約となりました。

 

この後、建築の確認申請と、加子母での木材確認、地鎮祭と進んでいきます。

 

東京支店