現場リポート現場リポート

<< 大人カッコイイ家の一覧に戻る >>

大人カッコイイ家 ★ 完成内覧会&お引き渡し

投稿日/ 2017年8月8日

Vol.18 ★ 最終回

 

大人カッコイイ家は去る7月30日に完成内覧会を開催、その後、無事にお引き渡しの日を迎えました。現場リポートも今回が最終回。内覧会当日に撮影した写真で完成したお住まいのお披露目&お引き渡しの様子をご紹介します!
では早速、WEB内覧会いってみましょう!

 

大人カッコイイ家 ★ WEB内覧会

まずは外観から。これまでにも見ていただいた通り、黒いガルバリウム鋼板と暖色家の塗り壁のコントラストがおしゃれでカッコイイです。表を歩く人がふと振り返って「感じのいい家だな」と思ってもらえるような外観を意識しました。

 

内覧会に来場されたお客様の注目を集めたのが、自転車置き場を柔らかく隠すように設けた木製の格子戸。一見すると自転車置き場だとはわからない雰囲気は「生活感を抑えたい」というお施主様のこだわりから生まれたものです。

 

玄関も落ち着いた印象。内覧会当日は模型を展示し、お施主様のお母様がとても綺麗なお花を生けてくれました。

 

「いらっしゃい、ゆっくりと見てって下さいな」 内覧会名物のお地蔵さん! 実は小林作(^-^;

 

リビングには真っ赤なソファを完全オーダーメイドし、しっかり引出し収納も設けてあります。本が大好きなご家族のために随所に造り付けの書棚も設けました。

 

階段脇の書棚はキッチン側の壁厚を盗んで奥行きを確保しました。チョイト階段に座って読書なんてことも 大人な時間ですよね。階段1段目の下の隙間はお掃除ロボの基地。その奥にはコンセントもちゃんと設けてあります。

 

リビングの一角にある書斎コーナーです。周囲とほどよく仕切られていて、家族の気配を感じながら自分のコトに集中できる空間になりました。「コックピット」がキーワードでこの空間が生まれました。こちらのチェアは加地棟梁がプレゼントしてくれました。

 

こちらのキッチンは内覧会に来場されたお客様に「初めて見た」「かっこいい」「参考にしたい」と人気でした。収納もたっぷりあります。

 

食器棚は当初は一部既製品を置く予定にしていたのですが、すべて造り付けに変更しました。炊飯器用のスライド棚もあります。

 

キッチンからダイニングへの距離感、そして外へと視線を通せる「抜け」。

 

洗面室と脱衣室。コンパクトな住まいですが、この2つを分けることで使い勝手がよくなっています。ここにもしっかり収納棚を造り付け。

 

画像には映っていませんが、脱衣室の手前の腰壁には高野槇を張ってとってもいい香りです。

 

2階には個室が3つあります。主寝室にはオープンクローゼットと収納棚を造り付け。洗濯物をたたむ「小上がり」もあります。更にその下は引き出し収納。

 

こちらの部屋にはロフトと箱階段がつきました。当初は梯子でロフトへの昇降を考えていましたが、収納棚を兼用にした箱階段に変更させていただきました。お陰でとっても使いやすく便利になりました。

 

ロフトは趣味のスペースとして利用したり、収納にしたりと、季節や気分に合わせてフレキシブルに使える素敵な空間です。

 

もうひとつの部屋には造り付のデスクを置きました。窓のローマンシェードもおしゃれです。こちらのチェアは現場監督の奥村くんが製作してプレゼントしてくれました。

 

内覧会に参加されたお客様からは「無駄がなく、よく考えられている」「小さい敷地でも狭さを感じない。考え方しだいで快適に暮らせるとわかりました」「少ないスペースに造付家具がうまく組み込まれている」といった感想をいただきました(来場者アンケートより)。
『小さくてカッコイイ家を建てたい』というお施主様の願いを叶えた住まいになりました。

 

2017年8月4日 お引き渡し

お施主様と中島工務店が出会ってから約1年半。ついにお引き渡しの日がやってきました。お引き渡しの際には、各住宅設備メーカーの担当者がやってきて取り扱い説明をしてくれます。こちらはキッチンの説明を受けている様子ですが、この後もユニットバスやトイレなど複数のメーカーさんからたくさんの説明を受けました。もちろん、中島工務店のスタッフからもいろんな説明をさせていただきました。

 

そして、中島工務店名物!?の床塗りです。スタッフとお施主様のご家族で床に仕上げの塗料リボスカルデットを塗っていきます。家づくりを実感していただくと同時に、今後のメンテナンスのトレーニングにもなります。息子さんもがんばって塗ってくれました。

 

最後に「中島とつくる家」証明書を贈呈。これは棟札の形をした桧の置き時計です。お施主様からは「中島工務店つくる家でも私たち施主つくる家でもなく、本当に中島工務店と私たちが一緒になってつくる“中島つくる家”でしたね」とのお言葉をいただきました。中島工務店の家づくりのテーマである『実感と愛着』を感じていただけたのではないかと確信しました!

 

無事にお引き渡しが終わり、スタッフ一同本当に嬉しく感じています。これから、この家でお施主様ご家族の新しい暮らしが始まります。次にお会いするのは半年点検の日でしょうか。大切な住まいづくりを共にさせていただいたご縁に感謝し、末永くおつきあいさせていただけるようこれからも力を尽くしていきたいと思います。
お施主様、そしてそのご家族、加地健二棟梁、監督の奥村晃弘くん、関係者の皆様、すべてに感謝です。また、この現場リポートを最後までご愛読いただいた読者の皆様にも感謝申し上げます。

本当にありがとうございました。

 

設計・監理 小林尚長