現場リポート現場リポート

<< 大人カッコイイ家の一覧に戻る >>

大人カッコイイ家 ★ 外壁 弾性リシン吹付けetc.

投稿日/ 2017年6月13日

Vol.12

 

しばらく内部造作工事を中心にご紹介してきましたが、外部の工事も着々と進んでいます。今回は外壁の弾性リシン吹付け工事と引き続き進んでいる内部工事の様子をご紹介しましょう。

 

2017年6月10日 外壁 弾性リシン吹付け

現場リポートVol.9で外壁にガルバリウム鋼板を張っている様子をご紹介しました。「大人カッコイイ家」は一部が弾性リシン吹付け、そのほかがガルバリウム鋼板でコントラストがおしゃれな外観になる予定。こちらが今回使用する弾性リシンです。

 

リシンはモルタル下地の外壁に吹付ける仕上げ材で、表面に砂のようなザラザラした凹凸ができ、独特の落ち着いた印象に仕上がります。このリシンをリシンガンと呼ばれる専用の道具で吹付けていきます。
施工途中の様子がこちら。

きれいに仕上がりました!

 

まだシートをかぶっているので、全体像は見られません(残念!)。弾性リシンと黒いガルバリウム鋼板のカッコイイ仕上がりは外部足場が取れるまでもう少しお待ちください。

 

2017年6月10日 面格子取付

続いて外部に面格子が取り付けられました。面格子は防犯などの目的で窓に取り付けるものですが、中島工務店では面格子も木製にすることがよくあります。黒いガルバリウム鋼板や弾性リシン吹付けの外壁に木が映えて、印象的な外観に仕上がります。

 

2017年6月6日~ 内部造作工事

内部でもいろいろな造作工事が進んでいます。子ども室のロフトに手摺りを取り付ける様子を見てみましょう。
まず、ほぞ穴を開けた手摺柱を立てます。※ほぞ穴:ほぞと呼ばれる凸型に加工した木材をはめ込む穴。

 

 

手摺桟をはめ込んでいきます。

 

 

階段脇の本棚も大工さんがつくります。手持ちの本に合わせたサイズの本棚がつくれるのは造作家具ならでは。前回ご紹介したリビングの本棚など、蔵書が多いお施主様の暮らしに寄り添い、ちょうどいい場所にちょうどいい本棚を設けられるのも注文住宅だからこその醍醐味ですね。まるでアミダクジのよう!

 

この日、棟梁の手で小屋裏に棟札が取り付けられました。上棟の際に祀られた棟札にはお施主様や棟梁などの名前が書かれており、神様への感謝を示し、家の守り神としてこのように小屋裏などに祀ります。

 

外部も内部も着々と工事が進んでいますが、まだ全体像はわかりにくいですね。どんな大人カッコイイ空間に仕上がるのか、もうしばらく現場リポートにおつきあいください。

 

設計・監理 小林尚長