現場リポート現場リポート

<< 大人カッコイイ家の一覧に戻る >>

大人カッコイイ家 ★ 建て方!!

投稿日/ 2017年3月21日

Vol.3

現場はいよいよ上棟に向けて作業は進んでいきます。
まずは準備から・・・。

 

2017年3月11日 外部足場の組み立て

基礎工事が完了したら、まず外部足場を組み立てます。隣家の屋根より高いところでテキパキと作業する職人さんがカッコイイ!

 

 

2017年3月11日 床下配管・床断熱・構造用合板敷設

通常の工程だと、建て方前に給排水配管の施工を行うことはしないのですが、ここは狭小地で建て方の時に材料を置くスペースがないので、先に構造用合板を張りその上に材料を置きながら建て方をすることにしました。中島工務店ではヘッダー工法といって、給水・給湯の配管をヘッダー(画像の白い部分)に集中させる工法を採用しています。これにより複数の場所で同時に水やお湯を使っても安定した流量が確保されるほか、保守・点検もしやすくなるというメリットがあります。

 

次は床断熱の施工です。高性能グラスウールでできたボード状の断熱材を敷き詰めて、気密シートもしっかりと貼っていきます。

 

その上に28mmの構造用合板を張っていきます。耐震性・耐風性を高めるために重要です。

 

 

2017年3月14日~17日 建て方

さあ、材料を置くステージができたところで、いよいよ建て方です!土台の上にどんどん柱が立って我が家のカタチが見えてきます。

 

 

中島工務店の建て方作業をする職人は鳶(トビ)ではなく、全て大工さんです。だから柱一本一本、梁も一本一本と数日かけて建て方をします。柱が立つと続けて屋根仕舞へと進み、屋根の室内側に気密シートを張ります。

 

そして垂木と垂木の間に断熱材を入れて・・・

 

そして屋根通気層となる断熱面に透湿防水シートを張って・・・

 

通気層を確保するための紙押さえを打ってから野地板を張っていきます。

 

野地板の上にルーフィングを敷き終わると、気密・断熱・通気・防水に配慮した屋根の下地が完了です。

 

一方、外壁工事も順調です。壁にはしっかり耐力面材を施工し・・・

 

そしてその上から透湿防水シートを張りあげていきます。

 

内部はこんな感じ。すっかり家のカタチが見えてきました。現場にはもう木の香りが溢れています!

 

2017年3月19日 上棟式

大安吉日のこの日は節目の上棟式。お施主様ご家族と中島工務店のスタッフ、大工職人が揃って工事の無事を祈念しました。上棟おめでとうございます!!

 

 

無事上棟を迎えてほっとしたのも束の間、住まいづくりはまだまだこれから。夏の終わりのお引き渡しに向けて、安全第一で気を引き締めてがんばっていきたいと思います。
次は屋根工事のリポートです。お楽しみに。

設計・監理 小林尚長