現場リポート現場リポート

<< 幸せ叶える家の一覧に戻る >>

第12回 造作工事のあれこれ その3

投稿日/ 2017年1月25日

造作工事も終盤に差し掛かりました。我が家の拘りのひとつでもあるキャットウォークをリポートします。リビングとダイニングは吹き抜けとなっていてロフトから繋がったL型のキャットウォークが有ります。どんな感じになるのかはじまりはじまり~。

まずはスノコ材の加工です。吹き抜け側のスノコの小口がピン角では面白みがないと棟梁の健二君から提案があり、小口にテーパー加工を行いました。
PB241776s

一通りスノコ材の加工が終わると、コーナー部分からスノコの割り付けを行います。
PB241777s

柱部分はスノコ材が入る様に掘り込みをします。
PB261809s

スノコを組立てます。
PB261807s

組み終えたスノコ材を取り付けます。
PB261811s

PC051877s

下から見るとこんな感じです。
PB261802s

巾木を取り付けて壁のプラスターボードを張ってから手摺の取付けです。
PC051882s

PC061899s

手摺柱にホゾと貫材の加工を行います。
PC221999s

PC222011s

PC221998s

PC222016s

柱を建てて貫材を取り付けます。
PC222019s

PC222024s

笠木を取り付ければ完了です。いい感じに仕上がりました。
PC272072s

PC272085s

次回は仕上げ工事をレポートします。

住宅部 丹羽政雄