morinocoナイフワークショップ&森と木の仕事セミナーを開催しました。

2017年10月30日

10/28、TOKYOSTYLEでmorinocoナイフでキーホルダーをつくるワークショップと

岐阜県立森林文化アカデミーの森と木の仕事セミナーを開催しました。

午前中は岐阜県関市で開発された子ども用ナイフ「morinocoナイフ」を使って、

木の枝を削り、森の仲間のキーホルダーを作りました。

親子で何をつくるか、どうやってつくるか、自分たちで考えながら、

自由な発想で道具を使うことやものづくりを楽しみました。

大人も子どもも目を輝かせてイキイキしながら作っている姿が印象的でした。

午後からは岐阜県立森林文化アカデミーの「森と木の仕事セミナー」を開催しました。

環境教育の萩原・ナバ・裕作先生と木造建築の松井匠先生が講師となり、

森や木に関わる分野の仕事、それを取り巻く環境や、森林文化アカデミーの特色ある

カリキュラムなどについて詳しく解説いただきました。卒業生たちも加わり、

体験談も交えてのセミナーは熱気に溢れていました。

ご参加いただきました皆様、森林文化アカデミーの先生方、

誠にありがとうございました。

 

ワークショップの模様はTOKYOSTYLE Facebookページで詳細を紹介しています。

是非ご覧ください。

TOKYOSTYLE Facebookページ