年輪幅が2〜3mmの真円で、材質はピンクで艶があり節が小さい。
伊勢神宮の式年遷宮でも御神木として使用されています。

加子母と檜

加子母には、350年以上の年輪を数える天然の桧林があります。専門家によると古い地層に含まれる植物の花粉の量の調査(花粉分析)では、6,000年前の地層まで桧の花粉が多く含まれており、桧がこの地域の森林を覆っていたことが裏付けられています。また古い文献によると、日本の寺院建築や築城には、加子母の山からたくさんの桧が運び出されたという記録が残っています。
伊勢神宮の「式年遷宮」(20年ごとに行うお社の新築)で使う木はこの天然桧林「木曽ヒノキ備林(神宮備林)」 からも運ばれています。加子母が桧の産地、桧の故郷(ふるさと)と言われるのは、このような理由からです。


誰もが憧れる高級な木材「東濃ひのき」

岐阜県東部で育てられた「東濃ひのき」は、全国的に有名な建築用材の銘柄材です。桧は1千年を超える寿命を持つと言われ、例えば赤ちゃんの肌のようにきめ細かで美しく仕上がります。色は薄いピンクで光沢があり、桧独特の清純な香りが部屋いっぱいに漂います。誰もが憧れる高級な木材です。中島工務店では、構造の土台と柱にこの東濃ひのきを標準採用しています。