新しい暮らしと未来に向かって…今、エネルギーを考えるとき

無限の自然エネルギーを最大限に利用

住宅の屋根に太陽電池を取り付け、太陽の光で電気をつくる、環境にやさしい太陽光発電システム。最も注目すべきは、太陽光電池モジュールを日光が当たる場所に設置するだけで発電できるため、発電時にCO2や有害物質を一切排出しないという点です。これはまさにクリーンかつ、無限の力を持つエネルギー。想像以上のスピードで進む地球温暖化に対して急速な対応が叫ばれる今、太陽光エネルギーの利用は、私たちが我が家で暮らしながらできる、有効なエコ活動の1つではないでしょうか。

環境にやさしく、経済性的

太陽光は太古の昔から地球に降り注ぐ自然のエネルギーです。そのため、太陽光発電はシステムの導入に初期コストが必要なものの、その後はほぼ無料で電力が得られることに。発電した電気を自宅でそのまま使用できるため、光熱費は当然削減。家庭内のエネルギーを電力に一本化するオール電化を組み合わせれば、さらに電気を有効に活用することができます。しかも、使用後に電気が余った場合は、電力会社に売ることも可能。反対に夜間や雨天時など、必要量が得られない場合でも、オール電化住宅による割引や夜間電力が割安になる時間帯別電灯契約などを利用して、効率的な節約を図ることもできます。

我が家で発電、という意識改革

「太陽光発電を設置したことで、家族の中でもエコや省エネに対する意識が高まった」という声も、多くのお客様から届いています。モニタに示される電気の使用状況や節電効果を目にすることで、自然と家庭内でも電気や環境の話題が増えたり、家族が積極的に電気代の節約を心掛けたりするようになるそう。また先の大震災をきっかけに、自然災害時の電気供給を考慮して、停電の際にも電気を利用できる太陽光発電を検討する方も増えているようです。

パネルがもたらす、意外な断熱効果

現在採用されている太陽光発電システムの多くは、太陽電池モジュールを屋根に設置するタイプです。屋根の上に設置された大きな板状のパネルは、夏は熱の進入を防ぎ、冬は室内の暖かな温度を逃がさず、断熱効果がもたらします。結果、住まいは夏涼しく冬暖かな住空間を保つことができ、光熱費の削減や省エネにも大きく貢献するのです。